ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

ピラミッド組織

『従順』からの脱却

ご訪問いただきありがとうございます。 ここ最近の世の中をみていたからなのか 「従順という心の病」という本をふと思い出しました。 僕がピラミッドを抜けた年に読んだ本で、タイトルが印象深く タイトルだけは、今も記憶に残っています。 『従順』からの脱…

主権者はあなたです!

ご訪問いただきありがとうございます。 先日、オレンジ色のTシャツを着ていただけで、とある政党の支持者?関係者? と間違われ声を掛けられました。 それにしても、色だけで? プラス、アレをつけていないから? 正面からみてすぐに「間違いました。」と言…

子供は大人をよーく見ている

ご訪問いただきありがとうございます。 国が出した情報も、学校によってその解釈や対応が大く違うようです。 また、学校が呼びかけが子供達には届いていないとか・・・ 子供は大人をよーく見ている 6月になって気温も上がってきていることもあり 国もマスク…

なぜそれほどまでに、政治に依存するのか?

ご訪問いただきありがとうございます。 前回の参議院選挙で2つの国政政党が誕生しました。 この二つの政党の情報、ここしばらくはサッパリ見聞きしていないのでわかりません。 過去の個人的印象は、どちらも党首による独裁政党。 ひとつは、青と黄色の揉め…

「期待しているよ!」

ご訪問いただきありがとうございます。 昔・昔・その昔 「期待しているよ!」って言われたら、「なに言ってんのこの人・・・」と思うこともあれば ちょっと照れくさいけど なんかうれしいって思う時もありました。 しかし、いつからだろう? この言葉に 胡散…

「嫌」と関わらない

ご訪問いただきありがとうございます。 他人の目を気にすることもそうですが 嫌だと思う状況って、自分がつくっています。 そう。 ややこしくするのはいつも自分。 こじらせるのもいつも自分。 「嫌」と関わらない 組織に居ると、ほとんど全員って言っていい…

”お金”と”数”による支配

ご訪問いただきありがとうございます。 お金が無ければ何も買えない。 誰かの許可をとらないと何も出来ない。 幼少期からこんな風に教わってきました。 そして、この流れは今尚続いています。 明治維新の頃からず~~っと続いています。 ”お金”と”数”による…

制服による征服

ご訪問いただきありがとうございます。 公立の小学校を卒業し、中学に入学する時、初めて制服を身にまとう子供達。 その中学に入学し、初めての授業が謎の工作だそうです。(苦笑) 制服を身にまとったと同時に、新たな征服が始まります。 まるで自らを危険な…

「他人の目」が気になる人の癖

ご訪問いただきありがとうございます。 何気なく見聞きするもの それはテレビであり、ネットの広告であり、日常生活の中での会話。 この全てに当てはまるのが、他人の話。 誰が何を言った。 誰がどうなった。 どこどこでこんなことがあった。 どれもこれも、…

需要と供給

ご訪問いただきありがとうございます。 とっても当たり前のことなのに、忘れていることってありますよね? 忘れているというより、意識さえしていない。 そのひとつがコレ! 需要と供給 提供する人と、それを利用する人によって物事は成立します。 需要が先…

あなたはいつだって宇宙の中心にいるのさ!

ご訪問いただきありがとうございます。 集団の中にいるとなかなか意識することが無いのかもしれません。 けど、僕はずっと思ってた。 というより、これは紛れもない事実。 あなたはいつだって宇宙の中心にいるのさ! 今も尚、他人の目を気にする人は大勢いる…

信じるもの

ご訪問いただきありがとうございます。 巷では新年度・新学期が始まり みただけで新入生とわかる制服姿の子達を目にします。 今、どんな思いなのでしょうか? ベタですが、希望と不安が包まれているのでしょうか? 何を思い 何を信じ どこに向かうのでしょう…

エイプリルフールに終わりはない

ご訪問いただきありがとうございます。 昨日、4月1日はエイプリルフールで嘘をついてもいい日だとか!? しかし、起源について諸説あるようですが明確なものはいまだ存在しないそうです。 この、ハッキリしたものがない風習が、世界中で今尚続いている。 そ…

守りたいもの

ご訪問いただきありがとうございます。 いろんな場所で飛び交う「守りたい」という言葉。 言葉は同じですが、何を守りたいのかは個人によって違います。 そこで、自分が守りたいものってなんだろう?と考えてみました。 守りたいもの 守りたいものを考えた瞬…

脱組織

ご訪問いただきありがとうございます。 3月って春・桜のイメージ。 この3月も終わるわけで 何も急に季節が切り替わるわけでなく ついこないだまでの姿は、見た目じゃわからないけど 桜の木々も日々変わっているんですよね。 誰からも指示されているわけじゃ…

誰とも争わない

ご訪問いただきありがとうございます。 世間は常に新しい情報に溢れ 庶民は覚えたての新しい言葉の意味もわからないまま使っています。 繰り返し使っているうちに、その使い慣れた言葉に動かされています。 そして、言葉による争い。 情報による戦争が やら…

今、この瞬間

ご訪問いただきありがとうございます。 何気ない瞬間「幸せだな~」って思った。 少し時間が経ってまた「幸せだな~」って思った。 特別なことなんて何もないけど それでも幸せ。 今、この瞬間 今、この瞬間 あなたは何を感じ何を思い浮かべていますか? こ…

人任せ

ご訪問いただきありがとうございます。 ひとつの選択で”未来”が大きく変わるということを改めて感じる今日この頃です。 「やらかした。」で済むこともあれば 「やらかした。」では済まないこともありますね。 人任せ 人間が1日に何度選択しているのかを研究…

誰も責任をとらない

ご訪問いただきありがとうございます。 ここ2年、一歩外に出るとお願いをされない日がありません。 お願いは、お願いではなく命令になり、同時に暴力的になります。 多くのお願いを受け続けた結果、亡くなっている人も居ます。 この事実をあなたはどう思い…

常識の逆を行く!

ご訪問いただきありがとうございます。 世間一般で言うところの「常識」ってヤツが子供の頃からシックリこなかった。 けど、受け入れていた。 受け入れていた理由なんてない。 妥協していた。 そして、周りに合わせていた。 「そのうちわかるのかも」と思っ…

仕事と労働は違う!?

ご訪問いただきありがとうございます。 僕はこのブログをひとつの”仕事”だと思っています(笑) と言っても収入はありません。(爆) そして、ルールもありません。 ただ、気ままに一石を投じる。 仕事と労働は違う!? 正月休みも終わり、昨日あたりから仕事始…

マトリックスの世界

ご訪問いただきありがとうございます。 本当に見たい映画 は必ずスクリーンでみてきたのですが そんな自分にとってとてもややこしい状況が続いています。 そんな中、映画「マトリックスレアレクションズ」が昨日封切られました。 ちなみに”レアレクションズ”…

他人のことはわからない

ご訪問いただきありがとうございます。 「他人は変えられないが自分は変えられる。」という言葉があります。 これとは正反対のことが日常生活で常態化しています。 広報活動はおなじみマスコミの皆さんをはじめ 政府行政であり、大企業であり、各種団体であ…

事件を解決できるのは庶民だけ!

ご訪問いただきありがとうございます。 昔の映画の名セリフ 「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」な~んてね。 現実は、事件は会議室で計画され、社会で実現させられている。 計画しているのはピラミッド社会の中間管理職で 実現させ…

世界は自分が創るもの

ご訪問いただきありがとうございます。 漫画の世界ではいろんな異世界が創造されています。 自分の日常でも異世界が広がっています。 しかも今、その異世界をたったひとつにしようと動き続けている人達がいます。 異世界っていろんな世界があるから異世界で…

ひとつの噓

ご訪問いただきありがとうございます。 「嘘には、良い嘘と悪い嘘がある」なんて言うけどさ それって「自分の嘘は良い嘘」って言いたいだけなんじゃね?って思うのは僕だけ? ひとつの噓 人間として生まれてきてこれまで嘘をついたことが無いと言い切れる人…

個性とは?

ご訪問いただきありがとうございます。 自分の”個性”について考えたことあります? な~んてふと思いました。 個性とは? 個性とは、全てです。 あなたの全てが個性です。 それぞれの個性は 自由の中に居るから存在するものです。 言い換えれば、いかなる制…

ナビゲーター

ご訪問いただきありがとうございます。 何でも今日は、”介護の日”なんだって?? 一体誰がどんな意図で言い出したんだろう? と思い、”介護”についてと思っていたのですが 僕の無意識に全然違うことが浮かんできたので無意識を選択します。 介護についてはま…

偉い人

ご訪問いただきありがとうございます。 巷で見聞きする「偉い人」 誰かに対し「この人偉い人」とかいう感情一度も感じたことがありません。 だって、偉い人なんて誰一人居なかったから。 偉い人 ”偉い人”とは 言うことを聞かせる人 言うことを聞く人 ”従わせ…

余計なことばかり考えているのは人間だけ

ご訪問いただきありがとうございます。 10月31日をもって6年間の貸農園生活も終わりました。 6年というと、生まれたばかりの子なら小学生になり 小1なら中学生になり 中一なら大学生や社会人に・・・ この6年間の中で気付けば繰り返し思い浮かぶことがありま…