ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

プロフェッショナル

ご訪問いただきありがとうございます。

 

政治屋や専門家!?有識者!?の人達が

連日メディアを使って新ネタ披露し煽り続けていますね。

この人達って、その道のプロフェッショナル?

一体、プロフェッショナルってなんなん?

 

 

プロフェッショナル

 

 

プロフェッショナルっていうとスポーツなんかでよく聞くけど

政治屋や専門家、有識者だってさ、自称その道のプロなんでしょ!?

その仕事でメシ食ってんでしょ!?

贅沢しているんでしょ!?

贅沢することをどうこう言ってるんじゃなくて

問いたいのは、あなた達が提供したことに対し

庶民は満足?納得?理解?していますか?ってこと。

理解できるところまで説明していますか?ってこと。

 

例えば政治屋

この人達は地域の人に選ばれた人!?

その報酬はその地域に住む人たちの税金。

これをいただく代わりに、そこに住む庶民が求めることを提供する。

これが政治屋の仕事。(公務員も同じ。)

この人達は、地域住民に対し、あるいは国民に対し

支払っている税金に相応しいなにか(サービス)を提供していますか?

その感想を多くの人の声を聴いていますか?

個人個人に還元されていますか?

あまりに、特定な組織や個人に偏っていませんか?

全ての個人に何かしら還元されていますか?

 

「せんせー」なんて呼ばれると氣が大きくなっって自分を見失ちゃうのかな?


 

マスコミはフェイクニュースを浸透させるプロフェッショナル!

庶民には不利益、権力者には利権を提供する仕事。


 

政治屋って、混乱を演出し、混乱を利用した火事場泥棒的なことしかやっていないと思うんです。

政治屋だけじゃなく、そこに群がる専門家や有識者って人達も同じ穴の狢。

もちろんマスコミも。

それって詐欺のプロフェッショナルじゃなくて?

700人以上の国会議員も、数はわからないけど地方議員も公務員も

そのほとんどが、隠蔽・捏造・改ざん・言い訳の”プロフェッショナル”なのでは?

お上に対する奴隷としてはハイスペックなのかもしれないけど

クライアントである庶民に対しては

フェイクニュース

不利益

制限

ストレスばかりを提供しているのではなくて?

金銭的にも精神的にも搾取することをサービス??として提供しているのではなくて?

だから、政治屋なんて要らない。

行政も要らない。

だってさ、誰もプロの仕事していないでしょ?

クライアントである庶民から満足感は感じないでしょ!?

政治があってよかったってこと一度でもあった?

僕はないな~。

むしろなければいいと思うことはたくさんあるし

今すぐなくなっても構わないと思う。

そもそも、今の政治屋や専門家!?有識者!?がプロフェッショナルですか?

国民や地域住民に喜ばれるような仕事していますか?

僕には全く感じない。

 

別にさ、そのポジションの人達がみんな同じなんて思っていない。

言い出せない人が居ることくらいは知ってる。

どうにも出来ないってのも想像出来る。

しかし、権力者にとっては都合のいい存在。

最終的には個人の選択で

権力者に従い続ける自信と覚悟があればそこに居続けるんだろうし

嫌なら離れるんだろうけど・・・

ただ、中途半端で居続けるのはしんどいと思うなあ。

まあ、この人達を操っている存在は絶対に表には出てこないけどね。

 

思考とハートは無所属で居たらいいと思う。


 

そもそもプロフェッショナルって、仕事ありきの言葉だけどさ

多くの個人は、仕事の為に生きているわけじゃないと思うんだ。

仕事は自分の一部ではあるかもしれないけど全てではない。

きっと、それぞれの目標があると思う。

目標と言うほどの明確なものが無くても今はあるわけで

今、どうしたいかはあるわけで

だから今を生きればいいわけで

思ったとおりすればいいわけで

他人に遠慮する必要もなければ、氣にする必要もない。

それを繰り返していると視界が広がって来るよ。

辺りがよく見えるようになる。

今だけじゃなく、その先もイメージ出来てくる。

そのイメージが目標なんだと思う。

明確でもぼんやりでも、目印があればわかりやすい。

後はそこを目指せばいい。

もしかして、なりたい自分を目指すことがプロフェッショナルなのかな?

 

スポーツ選手のインタビューの中で”プロフェッショナル”という話は度々出てくるけど

彼らの言うプロフェッショナルは

組織に忠誠を誓う。

周囲に配慮をする。

自己犠牲。

規律正しい。

礼儀正しい。

相手をリスペクトする。

全てに感謝。

そして、いかに厳しさに耐え我慢出来るか?

こういったことが”プロフェッショナル”だと思っている。

なぜならそう教わったから。

おまけに、何かが出来たら誰かのおかげ。

出来なかったら自分の力不足。

あまりに宗教的だよね(苦笑)

けどさ、組織ってどれもこれも宗教的なんだよ。

だって特別な存在が居るんだもん。

ピラミッド組織なんだもん。

個人でもスポンサーがついたら、スポンサーの手のひらの上。

スポンサーが提示する契約内容で、スポンサー主導でことが進められる。

 

スポーツ選手って、運営者・企業の利益の為の道具にしかみえません。

おまけに、庶民にまで監視されているもんね。


 

もし、プロフェッショナルという表現を使うなら

プロフェッショナルとは、”自分のことを自分で決めることが出来る人”のことだと思う。

こんな当たり前のことが、今では当たり前じゃなくなっている。

常に、誰かの許可が必要と思わされている。

おかげで、個人のセルフイメージが低下し、自分の外にばかり意識が向く。

他人の目ばかり氣にする。

自分が無くなる。

個性が無くなる。

これっておかしくない?

おかしいよね!?

おかしかったら考えてみようよ。

今の自分を観察してみようよ。

 

自己犠牲とは我慢すること。

誰かの我慢は、誰かの利益。

我慢する人の数が多ければ多いほど、大きな利益を手にする人が居る。


 

 

それぞれが自分スタイルで。

それぞれがのがプロフェッショナルで。

それぞれが好きにすればいい。

ってことは、

プロフェッショナルって自由な人のことなのかもね。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

ゆるんだハートで『今』感じたこと、まんまAction!!

「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく。(笑)

 

出来ました。出来ました。出来ました。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

f:id:yurumu:20200503182024j:plain