読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:「婚活パーティー」ってなあに?

ご訪問いただきありがとうございます。

 

ふと、昔の貴重な経験を思い出しました。(笑)

今は、どんな風か、わかりませんが、根っこは変わらない気がしています・・・

 

 

Q.「婚活パーティー」ってなあに?

 

A.エゴの集会です。

 

 

参加しました~(笑)

随分昔の話ですが、ぶっちゃけま~す(笑)

当時は、「カップリングパーティー」と言っていた記憶があります。

キッカケは、当時、仙台で、同じ会社で一緒の担当の後輩から誘われました。

彼との共通点をしいて言えば、東北出身ということだけです。

当時、仕事だけでなく、それ以外のプライベートでも付き合いがあって、細かいことを言わなくても、理解しあえる不思議なヤツでした。そんな後輩からの誘いだったので、考えることもせず、日程の確認だけして「いいよ」と即答しました。

 

おすましやめて、ぶっちゃければ~(笑)


 

参加条件

勤め先・年収・年齢の条件があったのは覚えていますが、それ以外は覚えていません。(笑)

女子の条件は何一つ覚えていません。(笑)

また、後から知ったのですが、男は「大卒」という条件付が、ほとんどのようでした。

 

後輩は、地方出身ではありますが、俗にいう、家柄が良く、良い大学を出て、大企業と呼ばれるところに所属し、会社での評価も高く、誰もが認めるスペシャルなヤツでした。僕は、一般的家庭で、普通高出身です。全く相反するふたりです。(笑)

ということは、後輩はわざわざ、一緒に参加できるものを選んできたということです。

つまり、「学歴」という条件があったら、一緒に参加することはありえませんでした。

当日の待合室を見渡すとコンビで来ているのは僕らだけで、あとはみんな、神妙な顔で待っていたのをなんとなく覚えています。

 

タイトルどおりです。

 

タイトルどおりです。

 

 

 ご対面スタート(笑)

各10人?で、男子がぐるぐる入れ替わり、全ての人と、短時間(忘れました)の会話をしました。

ある意味当たり前ですが、プロフをガン見している人もいれば、親や家のことまで聞いてくる人もいました。その中で言われて一番嫌だったのが、当時、最大のコンプレックスだった、『学歴』のことを複数の人に突っ込まれたことです。

中でも、パッと見はとても整っていて、上から目線のプライド高そうなお嬢様タイプの人には、職務質問を受けている感覚で、結構えぐられました。(汗)

「苦痛」というより、正直「ムカつきました」(笑)

 

当時、学歴が1番のコンプレックスでした。

 

 

面談後の待合室

僕ら以外はひとり参加でした。それが一般的だそうですが、その時はわかりませんでした。

むしろコンビで来ているって、今思うと、イケてないヘタレコンビみたいに思います。(笑)

回答記入の際の、静かな場所で、小声で話しかけてくる後輩に受け答えしてしまう僕との会話

 

後:「何番良かったですか?」

ゆ:「なんとなくの人はひとりいるけど、ただ、なんとなくだな~」

後:「マジで~?俺、〇番と□番で迷うんですよね~。」

ゆ:「声でけ~よ!」

後:「すいません。」(汗)

ゆ:「必ず選ばなきゃダメなの?」

後:「えええ~マジで?」

ゆ:「ちなみに何を基準で選ぶの?」

後:「フィーリングです!」(笑)

ゆ:「だからピンと来ないんだよ!っていうより、きっと相手にもいろいろ思われてるぞ~」(笑)

後:「お互いさまですよ。でも選んだほうがいいですよ。相手にも選ぶ権利あるんですから」(笑)

ゆ:「それもそうだな」(笑)

後:「俺とかぶったら嫌ですよ!」

ゆ:「大丈夫!好み違うから。」(笑)

後:(笑)

 

f:id:yurumu:20160923065726j:plain

 

 

感想

ひとつの体験としては面白かったと思います。

今思うと、そこでも、引き寄せの法則は感じ取れていました。

その時の自分に相応しい出来事・人がやってくるんだと思います。

なんとなくの人・真剣な人・緊張する人、人それぞれですが、相手によって、自分の波動も変わるのが分かります。

要は、波動が合うかどうか、氣が合うかどうか、それだけなんですね。

 

今の僕は気になりませんが、その時は女性上位で、『条件』が重視されている現実が残念に思いました。(笑)僕には、そもそもハマらないものだということを知りました。

それ以降、婚活パーティーの事情は全く分かりませんが、『エントリー』するための基準も変化があったり、細分化されたりしているのではないでしょうか?

今の僕は学歴以前に、そもそも無職ですから~(爆)

嘘を言って紛れ込まない限り、エントリーすら出来ませんから。(爆)

そして、こんなどうでもいいこと、今も覚えています。(爆)

 

「条件付き」は偽物です。


 

今日のおさらいです!

「婚活パーティー」とは、儲けたい&何度も参加してほしい主催者と、ステータス重視の参加者の、『エゴの集会』であり、『品評会』でした。

 

 

早く社会に出て自立したいから、高卒で就職したのに、いつの間にか、そのことが大きなコンプレックスになっていました。そして時が過ぎ、今、長年勤めた会社を辞めています。

その時も今も、よかったなって思うのは、僕が『プライド』らしきものを持ち合わせていなかったことです。

婚活パーティーに行ったら、取り繕ったり・装ったり・ギラついたり、大変だと思います。(笑)

そこに行く人がどうこうではなく、自分には永遠に関係ありませんから~(笑)

 

今も、次の今も、感じたままに、生きますよ!(笑)

 

 

僕は持ち合わせていません。(笑) 

 

自分自身、いつも大切に思っています。

 

 

今日は、長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

あなたの今が、今より心地よく楽しく過ごせますように。

そして次の今も、心地よく楽しく過ごせますように。