読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:普通・常識・当たり前ってなあに?

尊重 不要

昨日も書きました。

あなたはいつだって、唯一無二の存在なんですから!って

同じ人なんていないんです。だから存在しているんです。

ってことで今日の疑問です。

 

Q.「普通・常識・当たり前」ってなあに?

 

A.無いと言えばないし、あると言えば人の数だけあります。

 

自分も周りも、ついつい何も考えず使っているこれらの言葉、ちょっと落ち着いて考えてみようと思いました。

自分なりではありますが、「普通・常識・当たり前」って言葉を使わない様にしよう。そして人のことを決めつけない様にしようって、かなり前から意識はしています。

なので、今ではさほど意識することなく、自然にそれらの言葉を使わないようになりました。

もちろん完璧ではありませんが、そんな感じでいいと思っています。

 

そんな風に考えるようになった理由があるのかと言えば、何もありません。

ただ、その頃、深~い意味もなく、『楽しいのが良いなあ』『楽しくなければ意味がないなあ』って自分の中では、呼吸するのと同じくらい、それが『当たり前!』(笑)と思っていました。

そのためには、あの人はこうとかどうとか決めつけないことにしよ~てな感じでした。

 

f:id:yurumu:20160518152229j:plain

 

いざ、周りはどうかと言うと、「普通・常識・当たり前」これらの言葉が割と目立ちますし、特に意識していないことも理解しています。

それはそれとして、実際、個人個人の解釈があって、「算数なら答えは一つ」ですが、事柄によっては、「感想文のように人の数だけ答えがある」というのも事実です。

それがわかっていると、自然に相手を認めること・受け入れることが出来るようになります。

そして、それぞれの考え方の癖もおのずとわかってきます。

 

例えば、あなたとAさんの共通項、あなたとBさんの共通項みたいのが解ってくるわけです。

そうすると、その共通項に関してはAさんとの、「普通・常識・当たり前」だったり、Bさんとの、「普通・常識・当たり前」になるわけです。違うところは、それぞれが認めればいいだけです。

それが出来るだけで、対立・言い争いは起こりにくくなります。

それだけで楽しい環境が出来やすくなると思います。

 

f:id:yurumu:20160518152251j:plain

 

 今日のおさらいです!

「普通・常識・当たり前」は、無いと言えばないし、あると言えば人の数だけあります。

 

このブログで何度も、対立はしないようにしましょう!って言ってるのは、そういうことです。

話し合いは必要な時があっても、争いがなければ結構楽しく過ごせると思うんですよね!

まずは個々を尊重し、認め合う。

あなた自身、あなたの「普通・常識・当たり前」を押しつけないで下さい。

そして、逆に、それを押し付けられ、ストレスを感じるなら、考え方(思考)が違うなら、離れればいいじゃないですか?そこにいる必要も、一緒にいる必要もありません。離れて住み分ければいいんです。

同じ部分だけ関わればいいじゃないですか?

そうすれば対立もありません。

 

思考のミニマリスト、「ゆるみすと」・「のんきー」になったら楽しく過ごせますよ(笑)

「あなたにとって、心地いいものだけ残せばいいと思います。」

 

全部同じ考えだという人が、存在しないことが、「普通・常識・当たり前」だと思います。

なぜなら、あなた自身、唯一無二の存在だから。

 

閃いたこと、感じたことを、まんまAction!!

あなたの今が、今より心地よく楽しく過ごせますように。

そして次の今も、心地よく楽しく過ごせますように。