ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

氣まぐれフリートーク: ネギってすげえ~・自然ってすげえ~・テラってやっぱすげえ~

ご訪問いただきありがとうございます。

 

氣まぐれフリートーク ネギってすげえ~・自然ってすげえ~・テラってやっぱすげえ~

 

耳タコかもしれませんが、神奈川の藤沢で7坪(約22㎡)の畑を借りています。

一昨日の早朝に収穫や植え付け・手入れなどをしてきました。

いろいろ収穫したのですが、初めて収穫した野菜があります。

それは“ネギ”です。

3回目で初めての収穫です。

驚くほどに大きくなった姿を見て、感動しました。

惚れ惚れするわ~このネギ。(爆)

やや右上にあるのは、つまようじとボールペンです。

f:id:yurumu:20180606215528j:plain

去年の11/27にちょうど写真のつまようじ程のサイズの苗を植えました。

畑の周りは遮るものが何もなく風や雨・そして冬の寒さもあります。

これまでは、風で吹き飛ばされたせいか気付けば姿がありません。

植えた時より小さくなったネギを冬の終わりまで様子を見るのですが、姿が無くなっています。

今年は姿こそありましたが、2月の終わり(冬の終わり)頃はむしろサイズダウンしていました。

つまようじよりちっちゃくなっているので、諦めて別な何かを植えてみようかと何度か思いました。

しかし、ただ何となくですが、いつもやっている雑草の刈り敷きをやり続けました。

敷いた雑草に紛れてネギがどこにあるのか探すのも大変なくらいです。(笑)

実際、姿がわからず、自分の感覚だけで雑草の刈り敷きをやっていました。

けど、不思議なくらい“期待”も“執着”もなく作業を続けていました。

僕が行う作業とは、種を植えたり・苗を植え付けた後は、雑草を刈って敷くだけです。

これが農薬も肥料も一切使わない自然栽培です。

 

「やったー」みたいな感じではなく、どう言っていいのかわかりません。

家に帰って来てから、改めて見ると、じわじわと言葉で表現できない感動が沸き上がってきます。

冷蔵庫に入れた時も、切っている時も、食べている時も、嬉しさの大きさは変わりません。

この思いと共に、ふたつのことが浮かび上がってきました。

 

 

ひとつは、畑を借りる目的です。

“自然栽培の畑”という認識で借りたのですが、実際は運営者の準備した肥料であれば認められています。

最初のシーズン、土壌が栄養不足とアドバイスを聞き、少しだけでも収穫したい思いから1度だけ使いました。

けど、その後「それ(指定の肥料)を使うくらいなら収穫できなくてもいいや」と考え直しました。

だって、自然栽培をやりたくて借りているんだもん。

少しでも多く収穫することが目的ではなく、自然栽培を体験することが目的だから。

やっぱ目的って大切です。

プロセスって大切です。

結果ばかりを気にすると「自然栽培を体験すること」という目的が、「少しでも多くの収穫」に変わってしまいます。

このようなことって、あなたの周りで起きていませんか?

あなた自身そうなったりしていませんか?

僕は会社に居た頃、こんなことばかりしていました。

会社の売上の為・給料をもらうため・だから組織に忠実に言われた通りに、ストレスを感じながら・感情を押し殺しながら、ず~~~~~~~っと生きてきました。

そういった生き方辞めました。

会社を辞めること、いろいろ聞かれたり、アドバイスをいただいたりしましたが、当時の僕は「ここに居るくらいなら、野垂れ死にした方がいい」な~んて思っていました。(笑)

誰がどうであれ、自分のスピリットをねじ曲げること・生き方をコントロールされるのも嫌だったんです。

その頃は、どんな耳障りのいい言葉を聞かされても、自分にとってどうなのかを判断出来るようになっていたし、ぶれない自分がいました。

だから、この畑も自分のスピリットがぶれることなく楽しみたいんです。(笑)

結果も伴うとも、嬉しさも大きくなります。(笑)

 

 

もうひとつは、テラ(地球)とテラで生きる自然・生態系への感謝です。

太陽も雨も雑草も虫もモグラもいます。

名前を知らない生物がいます。

これら全ての存在が自分のやりたいことをやりたいところで行うことで、自然が循環し続けています。

僕ひとりではなく、彼らと一緒に野菜を作っている感覚です。

ところが、エゴを最優先にして自然を破壊し、生態系を変えてしまっているのが僕ら人間です。

撒かなくていい農薬や化学肥料を、ひとつの野菜を作るのに、何十回と撒いたりしています。

それを売りたい人の為に・この利権に群がる人の為にわざわざ作られ、更に持ち込まれ利用されています。

アクシデントがあれば、それもまたビジネスになると鼻息を荒くしています。

自然とは必要以上に求めないこと・作り出さないことではないでしょうか?

取り繕ったりせず、ありのままでいんじゃないの?

水・光・熱などのエネルギーは全部テラが準備してくれています。

僕ら人間に何一つ求めず、文句も言わず提供してくれています。

そのことに改めて感謝です。

 

 

だから、人工知能をはじめとしたこれ以上のテクノロジーの開発は必要ありません。

一見便利に見えますが、支配コントロールしたい存在が僕ら大衆を奴隷にするツールでしかありません。

権力によって日の目を見ず、ないものとされているフリーエネルギーがあります。

お金が無くても生きてゆけます。

けど、「それでは困るよ」という人達が、押さえつけ潰しているわけです。

しかし、僕らが波動のことをちゃんと理解すれば、そういった人に左右されず生きれると思っています。

 

 

最後に、畑を提供いただいている“えと菜園”の皆様、ありがとうございます。

また、テラと野菜作りを手伝ってくれる全ての存在に感謝です。

そして、ここまでご覧いただいたあなたに

とても長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

ゆるんだハートで『今』感じたこと、まんまAction!!

「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく。(笑)

 

出来ました。出来ました。出来ました。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

参考記事も、よかったらご覧下さい。

 

僕らに必要なものはテラが全て準備してくれています。

生態系を破壊するものは不要です。


 

興味があることはやってみるのが一番です。

ただし、やってみないとわかりません。

大切なのは、自分のハートがぶれないこと。