読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問: 「勇気」ってなあに?

セルフイメージ ハート 依存 可能性 思考 素直

 

ご訪問いただきありがとうございます

 

必要なら、自分が持てばいいものです。

誰かから、いただくものではありません。

誰かに、与えるものでもありません。

今の自分には、必要性・感じません。(笑)

 

 

f:id:yurumu:20170221222735j:plain

 

 

今日の疑問: 「勇気」ってなあに?

 

「勇気」は、自分が自分でいるために、時として必要になるものです。

「勇気」の向こうには「決断」であり、「覚悟」があります。

何かを選択する時

何かを始める時

何かをやめる時

そんな時、必要となることがあります。

 

「勇気」の向こう側の「決断」や「覚悟」にたどり着かない時

そこには、「不安」や「恐れ」、「迷い」が立ちふさがっています。

それを振り払うため、「立ち向かう」と言う表現が使われます。

わざわざ架空の「敵?」みたいなものをキャスティングし

「負けない」・「左右されない」なんて言い出したりします。

自分の感情を抑え込み、自分が決断出来ないだけなのに。

自分に何かを言い聞かせ・納得させ、そして正当化する。

まさに、歪んだ自己満足・屈折した自己満足

これ、ただの妥協です。

以前の僕です。(笑)

決断出来ないなら、「今・決められない」ってな感じでOKなのに

「とりあえず、〇〇までに決める!」でもいいのに

どこか、必死に言い訳考えているみたいですね。(苦笑)

わざわざセルフイメージを低下させ、一生懸命ダメな自分に仕立てていました。

 数え切れないくらいの「ホントは・・・」ってのがありました。

「不安」や「恐れ」だったりもしました。

それらは自分が生み出しているだけです。

「人が関与している。」

「環境が・状況が・・・」

いえ、それらは全く関係ありません。

自分が決断出来ないだけです。

ゆとりがある時って、何かを決断することにしんどいことなんてありません。

自分の感情・ハートの声を無視するから、しんどくなるんです。

しんどい状況で何とかしようとするから、「勇気」ってものが必要になるんです。

「自分がどうしたいか?」

これがハッキリすれば、ただ決めるだけです。

何かを選択するだけです。

だから、「勇気」なんてものは本来・必要ありません。

 

「勇気」とは、言うなれば、自転車の補助輪です。

自分で準備したものなら別ですが、誰かが準備した補助輪なら、それは依存です。

時に、補助輪の方が大きいこともあります。

いずれ、「自分のことは自分で決める」・「自分で選択する」ものです。

あなたが、「当然だよ!」と思うなら、本当にそうしているか、確認してみて下さい。

「微妙~」なら、一度立ち止まってみて下さい。

そして、あなた自身と対話してみて下さい。

シッカリ自分と向き合えてる時って、いつしかリラックスています。

リラックス出来ている時って、知らぬ間に決断出来ています。

そんな時「勇気」は存在しません。

あるのは「根拠のない自信」と「覚悟」です。(笑)

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

 

出来ました。出来ました。出来ました。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

過去記事も、よかったらご覧下さい。

 

「ホントは・・・」とは、あなたのハートの声です!!


「頭では分かっているんだけどさ~」って思うなら、とにかくAction!!


「どうしたい!」って、と~~~っても大切なことです!!!!!