読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問: 「秘書」を目指す目的は?

 

ご訪問いただきありがとうございます

 

今日、電車の中で「秘書検定」と書かれた本を、“おすまし顔”で読んでいる方を見かけました。

スーツを着慣れているだけでなく、「着こなしている。」って感じがしました。

「みなさ~ん。私はここよ~。」というより、「私を見なさい!」って、聞こえてきそうな感じで・・・

そしたら、僕の近くの男性会社員2人組の、「自意識過剰じゃねえ!?」という声が聞こえてきました。(苦笑)

 

 

f:id:yurumu:20170410221148j:plain

 

 

今日の疑問: 「秘書」を目指す目的は?

 

目的は、「高賃金」・「高待遇」とか、「利権に乗っかりたい。」などだと思います。

ちなみに「秘書」は「ご主人様」がいることが前提で存在する人です。

そして、その関係は、主従関係であり、上下関係です。

中には、縁故関係がキッカケで、とりあえず仕事していますって人もいるようです。

 

過去に「秘書検定」を持っている知人が、『自分や周りの同じ資格をもつ人も「お金」や「待遇」・そして、親をはじめ、“世間に与える印象”がいいこと。』というようなことを言っていました。

あとは、『”秘書”という言葉の響きへの憧れであり、いろんな人達に大事にされ・わがままたくさん聞いてもらえるから~』こんな感じの話を聞いたこと思い出しました。

 

僕のイメージは、ご主人様の代理人であり、スケジュール調整・管理・代行・広報・身の周りの世話をする人。

中には、「暇つぶし」でやっている人・「身代わり」というミッションの人もいます。

いずれにしても、“単独”で存在することは出来ません。

 

「秘書」というと“先生”と呼ばれる政治家・弁護士、または会社役員・組織の役員が思い浮かびます。

そして、格差らしきものもかなり大きいと思います。

僕個人の狭い認識の中では、少なくとも「楽しい」という印象はありません。

ですが、「秘書」を目指すのは、「人のサポートをするのが好き」という事でしょうか?

だとしたら、「人をサポートするのに、いちいち“資格”って必要なの?」って思っちゃいます。

「そんなの無くても出来るじゃん!」と思います。

何をサポートするかも、個々に違うと思うのですか・・・

そんな回りくどい説明じゃなく、「高賃金」・「高待遇」とか、「利権に乗っかりたい」と言われた方が、正直だと思うし、シックリきます。

 

特に国の代表と言われる人たちが先導する「政治」の世界では、「秘書がやりました。」・「私は知りません。」・「記憶にありません。」という言葉が飛び交います。

そのせいか、「濡れ衣を着せられる人」・「知らぬ間に犯罪に加担させられる人」もいます。

そんな国会議員の選ぶ、「公設秘書」と呼ばれる人達の給与は国から出ています。

もちろん税金です。

政党によっては、国会議員一人当たりにすると、「秘書」が少なくとも百人単位で存在すると言われます。

全てが公設秘書だということではないと思いますが、それだけの人がぶら下がっているという事実に驚きです。

どれもこれも全てが利権であり、使われているのは『税金』です。

 

秘書検定」とは

http://jitsumu-kentei.jp/HS/about/contents

ちなみに「秘書検定」は『人材育成』を目指しているそうです。(苦笑)

こういったビジネス系検定は、”文部科学省後援”です。

その組織は、「公益財団法人」(官僚のX下り先)です。

これは、ほんの一部ですが、それこそが、『利権の温床です!!』

こんな風に、しれ~っと、国民の税金が使われています!!

そして、いろんな口実?屁理屈?で、お金を搾取され続けています!!

『全ては官僚主導で、官僚の官僚による官僚のための組織です。』

そして、多くの人が「正義」と思っている人も、もちろん知っています。

 

「あれ?」って思ったことを、ちょっと調べただけで、マスコミも報道しない、いろんな情報が見られます。

ただ、マスコミの外の情報も、「あれ?」って思うものたくさんたくさんあります。

それぞれ、いろんな思惑をもって、複雑に巧妙になっています。

事実は、人により違いますが、僕は自分が”直感”で判断したことを「事実」と認識し、お伝えしています。

なので、最終判断は、あなたがして下さい。

そして、もっと大切なことは、自分自身の今の現実であり、そのための『自分の思考』です。

だから僕は、関わりたくないことは、対立するのではなく、無関心でいるようにします。

それより、今も・これからも、自分がやりたいことやって、心地いい時間を過ごします。(笑)

「あなたは、どうしますか?」ではなく、「あなたは、どうしたいですか?」

 

長くなりましたが、最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

 

出来ました。出来ました。出来ました。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

過去記事も、よかったらご覧下さい。

 

『資格』について(2本)

 

似ているのはゴロだけで、中身は全く違います!!

これとっても重要です!!!!!