ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問: 「付き合う」とは? ~現代社会編~

ご訪問いただきありがとうございます。

 

真剣なまなざしの中学生に「“付き合う”ってどういう意味ですか?何をすることですか?」

と問われたら、あなたはどうどう答えますか?

 

 

f:id:yurumu:20170925221250j:plain

 

 

 今日の疑問: 「付き合う」とは? ~現代社会編~

 

「付き合う」とは一緒に過ごしたいと思い合っている人同士過ごすことです。

決めるのは個人であり、何をどうするかは当事者同士で決めることです。

 

 

付き合いにはどんなものがあるでしょうか?

「人付き合い」

「近所付き合い」

「友達付き合い」

「学校の付き合い」

「会社の付き合い」

 他にもいろんな「付き合い」と言われるものが存在するのでしょう。

“集団”や“組織”があるところでは必ず何かしらの「付き合い!?」が発生します。

集団・組織には得てして“リーダー”的な存在がいて、何かをやろうします。

そこで重要なのは、個人の尊厳です。

「ゆるむ@は何が言いたいの?」と思われるかもしれません。

ここで言いたいのは、「強要や介入はしないで!」ということです。

「違う意見の人を変り者扱いしないで!」ということです。

何より「互いに認め合いましょう!!」ということです。

 

学校や会社などという組織だけでなく、集団化することで“リーダー”という存在をつくり権限を与えられます。

「“リーダー”という存在が必要だ」という既成概念が、深く深く刷り込まれ根付いています。

この“リーダー”という存在をつくることによって、トラブルが起きやすくなります。

例えば、“ママ友?”と表現される集団での「付き合い」の中でいろんなトラブルがあることを、多くの人が1度くらいは耳にしたことがあると思います。

トラブルの要因は多岐に渡ることでしょう。

簡単に言えば、考え方の違いであり、趣味趣向の違いです。

なのに、「特定の人が決めた暗黙のルールにのっとり、一緒に行動する!」というものです。同調しなければ、母親は平気でも子供が嫌な思いをするという恐怖心を植え付けます。

「それは困る!」と思った母親は“子供のため”と妥協し、その集団に居続けます。

「(ママ友)付き合い」が、「しがらみ」に変わった瞬間です。

ハートがボロボロになりながら、子供の為と思い「しがらみ」を受け入れ続けているお母さんがいます。

 

このように、学校や会社などの集団だけではなく、あらゆる集団化・組織化したものの多くは、ピラミッド型で、更に「個人の尊重」がなかなか見受けられません。

このような状況が“国”であれ、“世界”であれ組織は、『個人の尊厳』を忘れています。

正確に言えば、「そんなものははじめからないもの」と「これが当たり前・常識」というように意図的に誘導し、根深く刷り込んでいる存在・加担している存在がいます。

「“人は一人では生きてゆけない”を合言葉に、だから“組織”が必要!」が当たり前

「“組織”には“リーダー”が必要!」当たり前

「集団の話し合いの中で複数意見が出れば“対立”想定!」当たり前

「対立した際はリーダーには“決定権”」当たり前

「(一部の意見であったとしても)決まったことはルール化し守ること!」当たり前

「誰かがつくった行事・イベントなどの『付き合い』」当たり前

「不満があっても、我慢・妥協・忖度すること」当たり前

 このように、特定の存在の意思で“新たな常識の敷設・常識の書き換え”が日々行われています。

今現在も、ピラミッド型組織の中間あたりの人が、こんなこと推し進めていませんか?

僕はこのような存在との「付き合い」は望まないので、そっとスルーします。

 

 

真剣なまなざしの中学生に・・・ってことで書き始めてみたのですが、1度では書ききれないので、今日の疑問「付き合う」とは? ~XX編~ として、改めて書きます。

今までも述べてきましたが、こういったことが日常的に繰り返され続けています。

また、繰り返されることで「なんかおかしい」と思う人も確実に多くなっています。

誰が何言おうが、僕が何を言おうが、何が起きようが、決めるのは全てあなたです。

『あなたは何と付き合いますか?』

 

少し長くなりましたが、最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

 

出来ました。出来ました。出来ました。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

過去記事も、よかったらご覧下さい。

 

現代社会は、こんなところから意図的につくられています。

 

季節の変わり目に、「政府からのお知らせ」やマスコミ情報、役所などから注意喚起があるかもしれません。

その時、どの情報と付き合うかはあなたが決めて下さい。