ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問: 「法律」や「ルール」ってどうしてあるの?

ご訪問いただきありがとうございます。

 

“自由”と一言で言っても、多くの場合何かしらの縛りがあります。

本来不要なものを益々増やそうとしている存在がいます。

その人たちにとって必要なもの、僕には必要ありません。

 ここで働く人の役割は「”法律”を守ること」です。 

     ↓

 

f:id:yurumu:20170913191148j:plain

 

 

今日の疑問 「法律」や「ルール」ってどうしてあるの?

 

法律やルールは、コントロールするためのものです。

特に大きな“組織”では少数で多数のコントロールをしたいわけですから欠かせません!

ルールは、「正義」と「悪」も生み、常に対立構造をつくり、世論の反応を見ながらコントロールするために必要不可欠なものとなっています。

最終的に、「個人の尊厳」と「可能性」・「自由」を奪い、『“恐怖やストレス”を与えるもの』です。

 

 

物心つく前から、親に「ダメ!」って言葉をたくさん言われてきた感覚があります。

自分もまた、その一言を言ったことがあります。

「この言葉・言わないようにしよう!」その心配が、思った通り実現させましたという状況です。

一方的に誰かによってつくられたルール・自分がつくったルールを同意なしに推し進めていました。

 今の社会も、国をはじめとした大きな組織程、いろんな不安を与え、だから法律が必要と言っています。

そもそもその不安は誰かが意図して仕向けたものです。

その不安を解消するために新たな常識を敷設し、新たな法律・ルールを生み出そうとしています。

自分らの目的(エゴ)を実現させるためだけに行っています。

そのために、国・企業・学校・各種団体が存在します。

地方自治体などは国からの命令を受けながら存在しています。

国からの連絡網が地方の末端までくまなく張り巡らされています。

それは、連絡網と呼ばれるピラミッド組織の表です。

学校や会社など、あらゆる組織に存在します。

 

例えば、役所で何かを聞いても「国でさだめられているので・・・」とか、「法律で決まっているので・・・」

これって、いろんな“組織”って言われるところでありませんか?

役所はどうですか?

会社はどうですか?

学校はどうですか?

訪問セールス・役所や公共施設などの代行会社はどうですか?

電話やメール・SNSなどの勧誘や詐欺まがいはどうですか?

 ホントかどうかわからないようなものまで含め、法律やルールを盾に、大衆誘導・ミスリードです。

おまけに「法律」と言いながら、その内容を全く理解していません。そうです。

最初から理解しにくく仕向けられています。

わざわざ見ないようなHPに載せたり、細かな字で印刷物の中に、シレっと書かれています。

 

国も会社も学校も、今の社会は何か問題があると、「対策」という名目でルールが増えます。ほんの一部の人の利権を生み出すため、それに関与する人達により一方的に決められ、施行されます。

多くの人がさほど気にしていない法律もたくさんあるのではないでしょうか?

このように複雑にし、網を張りつつ、支配コントロールする側は、抜け道を巧妙に準備します。

それが面倒な時は、マスコミを利用し、目を向けられないように、“ミサイル”や“芸能ネタ”で大衆誘導します。

 

 

ある時期から実践していることがあります。

といっても特別なことではありません。

言葉が話せない子供であっても、それ以外の動物であっても話しかけることです。

たまたま遭遇した動物でも、畑に作業に出向くときでも、とりあえず話しかけています。

畑では、移動してほしい“虫”に「こっちの移動してもらっていい?」と話しかけます。

それは、言葉は通じなくてもエネルギーで伝えることが出来るからです。

時に勘違いがあるかもしれませんが、これにより、一方的なルールではなく、「同意」が出来ます。

ひとつ同意が出来れば、信頼が生まれ、より尊重しあう関係が築けると思います。

意見の違いがあっても、揺るがない関係築けると思います。

 

今あるピラミッド型組織だって、本気で、互いに尊重しあうことが出来れば、リーダーも不要になり・それまでのルールもシンプルになり、ピラミッド型からカタチを変えた“チーム”として変われると思います。

ただ、大きな組織は、一度・内側から崩壊しない限り難しいと思います。

外からの影響は、大きな変化をもたらすことは難しいと思います。

何かを変えるなら、そこにいる人です。その人たちでないと出来ません。

そもそもそれほど大きな組織が必要とされるのかどうか疑問です?

その産業が永遠なのかも疑問です。

テクノロジーの導入により、どれだけの人が残るのかもわかりません。

 

 

「法律」や「ルール」がなければ、“対立”って起こらない気がします。

「貧富の差」なんてものもなくなると思います。

時間はかかるでしょうが、「お金」も必要なくなると思います。

なぜなら、お金もまた、コントロールするためのツールだからです。

お金がなくなれば、他人との比較・他人への干渉がなくなり、まんま自分で居れると思います。

対立はなくなり、尊重が深まりそして根付き、考え方が違う人たち同士は、棲み分けがされると思います。

より似た波動の人たちが集まるいくつもの村?が出来ていくイメージです。

そのために、まず自分自身が、「今」を心地よく楽しく過ごすことだと思います。

誰かではなく、「自分」です。

なんの制限も加えず、可能性を感じていたいと思います。(笑)

 

長くなりましたが、最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

 

出来ました。出来ました。出来ました。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

過去記事も、よかったらご覧下さい。

 

どっちも、誰かの意図によってつくられているだけ、実在しません!!

 

 

「尊重・信頼」で「対立」は無くなり、棲み分けが出来ます。


 

何事も、最終判断は「あなた」です!!