ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問: 「多数決」とは?

 

ご訪問いただきありがとうございます

 

ANNの世論調査で、直近の内閣支持率4ポイント下がって46.4%だそうです。

小数点の場所・間違っていませんか?

誰にどんな質問をどんな風に誘導すれば、このような結果になるのでしょうか?

こんなことがいつまで続くのでしょうか?

そして国民も加担する人・騙され続ける人、いろいろです。

 

テロ等準備罪」という風に名前を変え、議題に上がり続けていましたが

「この法案の言いだっしっぺは誰でしょうか?」

「真の目的は何でしょう?」

“政権与党の議員のみなさん”

「個人個人の意見がみんな同じ答えなのでしょうか?」

「誰かに・組織に誘導されていませんか?脅されていませんか?」

「忖度していませんか?」

 

 

f:id:yurumu:20170522202707j:plain

 

 

今日の疑問: 「多数決」とは?

 

「多数決」は、特定の存在の強いエネルギーにより、誘導されています。

 

「数の多い方が正解・優先」と子供の頃から教えられてきました。

「多数決」=「民主主義」の代名詞のように・・・

 

小学生の頃、クラス単位で「多数決」を利用に、いろんなことを決める!ってことを始めたと思います。

何十人という生徒の中で、まずは、クラス委員という“リーダー”って存在が選ばれます。

分け隔てないはずの同級生の中に、上下関係らしきものが生まれ、「平等」という言葉だけは残り、「個人の尊重」は、ないもののように薄れていきます。

言いたいことを言える子・言えない子・声を上げてもスルーされる子もいます。

少数の子が提案した“選択肢”の中から、ひとつの答えが選ばれ、「全員が同意した!」ってことにされます。

 

まさに、今の社会のミニチュア版です。

これぞワンワールドです。

ワンワールドは、個性を消し、コントロールしやすいように、「ルール」ってものを用いて誘導します。

そのために、クラスのリーダーには、“権力”らしきものが与えられます。

リーダーの意識はわかりませんが、ちょっとだけ「特別な存在」になったりします。

 

「多数決」をとった際、少数派だった子が、“変わり者”扱いされることがあります。

自分の感情を押し殺し、我慢し続ける子もいれば、我慢しきれない子が出てきます。

そこには、教師の影響も少なからず存在します。

そして、意見が違う・思考が違うという理由で「イジメ」も生まれます。

それを避けるために、子供同士で「忖度」が始まります。

このように、子供社会にも上下関係・ピラミッド組織が誕生します。

 

「学校」と呼ばれる場所はこのような「洗脳」の為のコミュニティで、そこで行われる「教育」と呼ばれるものは、「洗脳恐育」であり、「洗脳競育」であり、「洗脳狂育」です。

親や教師と呼ばれる大人たち自身が、それを当たり前と思っているため、気付かずにいます。

 

“学校”というコミュニティの先に、さらに多くのコミュニティ・組織が存在します。

全ての組織にはリーダーが存在し、比較・評価を行っています。

これがピラミッド組織です。

人数が多くなれば多くなるほど、役割が細分化され、周りが見えにくくなります。

ルールも多くなり、窮屈に感じるのですが、“みんなそうだし”という「歪んだ安心感」が生まれます。

ピラミッド組織に閉じ込め、コントロールしようとする存在は、もちろんこのことも織り込み済みです。

これが、思考をコントロールするということです。

 

「多数決」は要らないのです。

「多数決」によって生み出される「リーダー」も要らないのです。

大きな組織も要らないのです。

集団で何かをすることも必要ありません。

個々人が自分を大切にすることです。

そうすれば人はみんな個性があるということを確認できます。

他人を尊重することが出来ます。

尊重が出来れば話し合いが出来ます。

違ったら(内容により・必要により)、棲み分けることが出来ます。

対立や争いは起きません。

わざわざ“ルール”なんて取り決めも必要なくなって減っていくでしょう。

 

「多数決」って考え方は、集団(組織)を作り、対立を誘発し、コントロールしやすいようにすることです。

“個人の尊重”を奪い、”組織への忠誠心”を求めるよう仕向けるものです。

「選択肢」は、誰かから与えられるものばかりではありません。

誰かと同じでなければならないものではありません。

「選択肢」は”あなた”という個人が持っています。

 

マスコミがあなたに見せつけてくる数字は、事実とは限りません。

『大事なのは、“多数決”でもなければ、組織でも支配者でもね~!!』

『一番大事なのは、“あなた”っていう“個人”であり、"あなたがあなたでいること"なんだよ!!!!!』

このこと忘れないでね。(笑)

 

 

長くなりましたが、最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

 

出来ました。出来ました。出来ました。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

過去記事も、よかったらご覧下さい。

 

「テロ」という言葉は、一般大衆をコントロールするための大義名分です!!!!!


「多数決」の代表である「選挙」は、実在しません。

あるのは、「不正選挙」に見せかけの国民(自治体単位)総出の学芸会です。


「義務教育」がなくても学ぶことが出来ます。

あなただけの「アイデンティティー」を大切に。