読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問: 「アナログちっく」とは?

 

ご訪問いただきありがとうございます

 

最近、「電磁波」・「ハンドパワー」について書きましたが、『手』を使うことばかりやっているせいか、どうしても「手」に意識がいっています。

要は手を使う「アナログちっく」が好きなんです。(笑)

 

 

f:id:yurumu:20170427001945j:plain

 

 

今日の疑問: 「アナログちっく」とは?

 

「アナログちっく」とは、物を使うのではなく、自分の身体を使い、ハートで感じます。

「便利」より、「ひと手間」です。(笑)

「楽」より、「ひと手間」です。(笑)

 

最近つくづく思うんです。

『「手」ってすごいな~』って。

そして、その存在に感謝しています。

整体・レイキをすること。

コーヒーを淹れること。

畑で野菜を作ること。

そして、ブログを書くこと。

これらは、全て手作業です。

ブログは該当しませんが、それ以外はアナログちっくなんです。

そして、全て好きでやっていることなんです。(笑)

やりたくてやっていることなんです。(笑)

 

周りを見渡すと

いかに便利に

いかに効率よく

よりスピーディーに

いかに見栄え良く

いかにスマートに

よりたくさんの知識

そして、いかにお金を稼ぐかが優先されています。

それが出来る人が、すごい人・素晴らしい人・出来る人と言われています。

だけど、そのような人ってどこか楽しそうに見えません。

笑顔も作り笑いにしか見えません。

あくまで僕の感覚ですが、「幸せ」感じません。

 

コーヒーについては、今日からより、アナログちっくに変えました。

コーヒーメーカー・電動ミルの使用をやめました。

最近はハンドドリップと併用していましたが、これからはハンドドリップだけです。

前々回の記事で書きましたが、ひと手間ひと手間、手をかけられたコーヒー豆を、自分で手をかけミルのハンドルを回し、豆を挽く音・そして、香りを感じています。

挽いた豆をドリッパーに移し、少しずつお湯を注ぐ。

「やっぱこの豆うまいは(笑)」

「お湯を注ぐのが、ちょっと早かったな~」

そんな出来事も込々で、”その時”の一杯のコーヒーを味わうって、僕にとっては何とも言えない至福の時間なんです。(笑)

これからは、ホントに飲みたい時に・ゆとりをもって・愛に溢れた一杯を、優雅に楽しみたくなりました。(笑)

 

もちろんコーヒーメーカーが悪いわけではありません。

小学生からコーヒーを飲みはじめ、それ以降、飲まなかった日は、数えるくらいしかありません。

昨日まで使っていたコーヒーメーカーは、20年以上使い続けてきました。

おいしさ・安らぎ・心地いい時間・気分転換・リラックス

それらをず~~~っと提供してもらっていました。

もしかして誰よりも、僕の喜怒哀楽を見ていたかもしれません。(笑)

壊れたわけでも・限界を感じている訳でもありません。

ですが、感謝と共に手放します。

そして、これからは、本当に飲みたい時、自分が・ひと手間ふた手間かけて、上手く淹れられないことも含め、ぜ~んぶ込々で、アナログちっくを楽しみます。(笑)

 

自然栽培の野菜作り、テラや、名前も知らない多くの生物・目にも見えない微生物たちと一緒に、自分の手をかけ・ひと手間かけ、語り掛けながら作っています。

整体・レイキも使っているのは自分の身体だけです。

だから温もりがあります。

どれもこれも、今の僕は、「アナログちっく」です。(笑)

 

最近は、いろんなハンドメイドのものも、いろいろ目につきます。

オリジナリティー・個性を感じます。

こんな風に、いろんな価値観があり、棲み分けがされているのだと思います。

何かに迷ったら、損得などではなく、「どっちが楽しいか?」・「どっちが心地いいか?」・「どっちがワクワクするか?」これらの観点で、選択するのがいいと思います。

なぜなら、それこそが、「ハートの声」だからです。(笑)

 

 最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

 

出来ました。出来ました。出来ました。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

過去記事も、よかったらご覧下さい。

 

「アナログちっく」って、心地いいですよ!!(笑)


「アナログちっく」が、これを感じさせてくれます。(笑)

 

 まさに、「アナログちっく」な48時間でした。(笑)