読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問: 「忠誠心」って必要なの?

セルフイメージ 不要 ミスリード 尊重 我慢・ストレス 支配・コントロール 比較 思考停止

 

ご訪問いただきありがとうございます

 

首都圏の会社勤めの方、昨日から降り続く雨で、今朝、電車遅れたりしませんでしたか?

在職中・天気に気持ちは左右されませんが、電車の運行状況には、たまに左右されていました。(苦笑)

なぜ、これほどまでに会社に行くことに必死だったのか、今は理解しています。(苦笑)

昔ほどなくなったと言われていますが、ちょっとしたところに、まだまだ残っています。(苦笑)

 

 

f:id:yurumu:20170327214824j:plain

 

 

今日の疑問: 「忠誠心」って必要なの?

 

本来は必要ないのに、必要と思い込み、自らが生み出しているものです。

それこそが「麻痺状態」であり「洗脳状態」です。

 

会社員時代、翌朝、電車が止まるかもとか、遅れるかもって思った前日は、朝が苦手にも関わらず、いくつもの目覚ましを1時間以上早めにセットし、家を出ることもありました。

まるで何かに支配されているように・・・

いつもより、あきらかに空いている電車なのに、時計を繰り返し見ながら、急ぎ足で歩いています。

冷静に振り返ると、「習慣」という表現より、「麻痺」であり「洗脳」という表現が適切です。

おまけに、会社に着いた時は、まるでサバイバルゲームの生存者のような気分でした。

「とりあえず、ちゃんと来ましたよ~!」そんな感じです。

「こんな時でも、こうやって来ますから~」って・・・

心のどこかで、上司をはじめとした、周囲の人達に認めて欲しいのかのように・・・

そうすると、「こいつは、何も言わなくても忠実なヤツ」と記憶されます。

それにより、それを続けなければならないみたいな感じになって、気付いたら、精神的に負担になってきます。

そして、その印象をかき消すため「キャラ変」のタイミングを探すのですが、なかなか見つかりません。(汗)

それどころか、慌てる気配もなく遅れてくる人に対し、「電車が遅れたのではなく、電車に乗り遅れる人」と記憶します。

遅れるタイプの当事者は気にしないのですが、周囲の人は、「あの人また遅いね」と言い出すわけです。

その人が到着すると、「予定は大丈夫なのか?」・「〇〇は平気か?」などとチェックが入ります。

更に、「忠誠心が足りない。」とは言いませんが、「社会人としての常識がない」とか「考えて行動しなさい」とか、不信のエネルギーとともに嫌味を言われます。

ここでわかるのは、上司が、社員のことより、お客様のことを大切にしていることです。

いやいや!それは建前で、お客様のことより、自分の「上司」としての立場!?を大切にしているのです。

『スタッフ(部下)が遅れた時、上司が大切にするものランキング』(一部の人ですが、実在していました。)

1.「自分の立場」っていうヤツがぶっちぎりの最優先です。

2.直属の(更に上の)上司の目

3.会社組織

4.お客様

最後に、自分のスタッフですかね!?

いずれ、このように優先順位があって

大切なのは、自分の保身であり、更に上?にいる上司からの評価です。

更には、スタッフの評価・評論です。

そこにあるのは、「損得勘定」であり、「比較」です。

比較が存在する時点で、個人の尊重は、どこかにいっちゃうでしょう。

「個人」があるから、「組織」や「社会」は成り立つのです。

「組織」や「社会」があるから、「個人」があるのではありません。

この大きな勘違い!?刷り込み!?が、今の社会・世界をつくっています。

「会社」が「社員」を所有し、社員の中に、上司というリーダーを決め・コントロールさせています。

誰ひとりとして、誰かの”もの”ではありません。

誰かが誰かを所有・コントロールするなんて、ナンセンスです。

むしろ、上司と言われる人は、このような状況にならないよう・社員と対等でいて下さい。

つまり、自らもスタッフを何とかしてあげるのではなく、信じて見守って下さい。

社員の心身のコンディションを優先し、気持ちよく働ける環境を整備して下さい。

そうすれば、暗い顔せず・やる氣ない態度にならず、社員も気持ちよく働けると思います。

結果も、その状況に相応しいものになると思います。

 

ですが、ホントは上司の肩書なんて要りません。

組織がピラミッド型であることも必要ありません。

なぜなら、それらがあると、対等な関係は築けないのです。

多くの人は、ピラミッド型の組織では、肩書をもった人に対し、「比較」というセンサーが反応し、それにより、「忠誠心」が働いてしまうんです。

同じ理屈で、パワハラも起きてしまうのです。

「そうなっても平気」と思う方は、なんら問題ないと思います。

しかし、「なんか変」・「違和感感じる」という方は、一度立ち止まり考えた方がよいと思います。

いずれ、「忠誠心」は不要です。

必要なのは、「尊重し認め合うこと」だけです。

そのためには、「比較」をするのではなく、「個人の個性」を知り、うけいれることです。

それだけで、風通しがいい雰囲気が出来ると思います。

心地よく過ごせると思います。

これらは、会社組織だけのことではありません。

全ての存在に対して必要なことだと思います。

 

長くなりましたが、最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

 

出来ました。出来ました。出来ました。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

過去記事も、よかったらご覧下さい。

 

この状態こそ、「麻痺状態」であり、「洗脳状態」です!!


リーダーがいる=ピラミッド組織

 

 自分の居場所は自分で決めましょう!!


あなたにとっての答えは、あなただけが知っています。