読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:「どうしたい」と、「どうする」の違い

 

ご訪問いただきありがとうございます

 

僕らは日々、数え切れないほどの選択をしています。

日々というより、毎瞬・選択をしています。

多分、寝ている時でさえ「夢を見るか・みないか」などを、無意識で選択していると思います。

 

 

f:id:yurumu:20170129195836j:plain

 

 

今日の疑問:「どうしたい」と、「どうする」の違い

 

「どうしたい」は、自分が本当に望んでいることです。

ハートが感じていることです。

腹の底から溢れ出てくる感情です。

魂の叫びです。

「どうする」は、それ以外のことです。

 

「今している仕事は、あなたがやりたいことですか?」

「今、通っている学校は、あなたが行きたくていっていますか?」

「今いる場所は、あなたが、いたいところですか?」

「食事は、あなたが食べたいときに、食べていますか?」

あなたが『Yes!』と答えられるものは、あなたが「望んでいること」=「やりたいこと」です。

『Yes!』までは言えないけど、『No』ではない。

「やりたいことではない」けど、「やりたくないことでもない」

好き嫌いじゃなく、必要だからやっている。

仕方ないからやっている。

そんな感じで、「やりたいことじゃないこと」って、いろいろあると思います。

僕自身も「やりたいことではない」を散々やってきましたし、いろんな何かを費やしてきました。

それらをやる理由には、何かしらの「条件」や、「損得勘定」・「妥協」・「言い訳」等がありました。

「やりたいこと」でないことをやっているということは、やはり、自分に対しての偽りになります。

そう考えると、「偽りの今」という時を、数え切れないくらい過ごしてきたことになります。

今はそのことが理屈や知識でなく、腑に落ちたので「やりたいこと」以外のことはだいぶ減りました。

減ったと言ったのは、そうでない時もあるからです。(苦笑)

例えば、別に空腹でもないのに、食べることがあります。

食べる理由は、そこにあるからです。(苦笑)

おまけに、その時食べたいものではないものだったりします。

食べ終わった後、「食べたくもないものを食べて、お腹が膨らんだ~」なんて思っています。(苦笑)

それでも、それはそれで、そんな自分を認めています。

ひとつの体験ですから。と言いつつ、ちょいちょい繰り返しています。

「それが嫌だ!」と思えば辞めると思います。

結局、これも自分に対しての嘘・偽りです。

あまり嘘をつき続けると、それが当たり前になります。

「嘘」が「本当」にすり替わります。

その状態が「思考停止状態」です。

そして、「思考停止状態」とは、疑問を持たず・考えないということです。

自分が考えないのですから、何かに依存し、コントロールされることになります。

つまり、何かにミスリードされたり、コントロールされる原因は自分がつくっているってことです。

だから、自分のハートを無視します。

そして、マインドが連れてきた、何かしらの「条件」や、「損得勘定」・「妥協」・「言い訳」を選択します。

つまり、自分への偽りの繰り返しです。

 

自分に偽らないために必要なのは、マインドを止めることです。

そのためには、リラックスする必要があります。

リラックスとは、ゆとりです。

それらの方法は人それぞれだと思いますが、そのひとつとして、瞑想がいいと思います。

瞑想でも妄想でもいいと思います。(笑)

要は、「リラックスすること。」です。

そうすれば、自分への偽りは、ほぼなくなります。

そのリラックス状態が、今を心地よく生きるための、スタートラインだと思います。

もしも、スタートラインを忘れたら、もう一度戻ればいいだけです。

スタートラインさえ、覚えていればそれだけでOKです!(笑)

スタートラインについたら、自分に素直に、楽しくなる選択が出来ます。

そして、心地いい「今」を過ごせます。(笑)

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

 

出来ました。出来ました。出来ました。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

過去記事も、よかったらご覧下さい。

 

自分への「嘘」も、誰かへの「偽り」も、必要ありません。

そして、とても多い「勘違い」のひとつです。


スタートラインさえ思い出せば、いつでも何度でも始められます。(笑)