読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:焦りとは?

 

ご訪問いただきありがとうございます

 

今や日本のプロレスファンでは、知らない人がいない「N藤選手」というトップレスラーがいます。

彼は、レスラーとしてどうしても突き抜けられない部分があって、何度となく苦悶を繰り返していたそうです。

そして、その原因が、いろんなことに対する「焦り」だったそうです。

そこで彼は、自分が進化するために、「トランキーロ(落ち着いて)・あっせんなよ!」という決め台詞と、「制御不能」というキャラクターで、やりたいようにやって、今もブレイクは続いています。

プロレスはさておき、僕にとって、その「焦り」というワードは、とても大きなヒントになりました。

益々コントロールされたくないと思いながら、去年6月まで会社にいました。

ですが、一昨年から、既に制御不能です。(笑)

そして、今日、あなたにお伝えしたいこと。

その答えは、「トランキーロ・あっせんなよ!」です。(笑)

 

 

f:id:yurumu:20170126213838j:plain

 

 

今日の疑問:焦りとは?

 

いつからでしょうか?

焦ることがしみついたのは・・・

そんなことすらわかりません。

とにかく、子供の頃からせっかちだったと思います。

待っているのが苦手でした。

「じっとしていること」・「立ち止まること」・「何もしないこと」すっごく苦手でした。

言われたことがないので、「落ち着きがない」とは違うと思います。

 

それは大人になってもずっとそうでした。

たいしたことはやっているわけではありませんが、寝る時間ももったいないと思っていました。

「二兎追うものは三兎得る」なんて言いながら、ゲームのように楽しんでいました。

やりたいことをやって、気付いたら疲労感だけが残り、楽しさが薄れていることもありました。

せわしなくして得たものを、持て余していたのかもしれません。

なのに、仕事に関しては、逆でした。

逆というのは、「やりたいことではない!」ってことです。

そして、自分のハートを無視し、周りを見ながら頭でばかり考えていました。

自分のことだけではないからです。

組織の一員だからです。

失敗したくないし、迷惑かけたくないので、焦らず堅実に進めたいのです。

なのに、「早く終わらせたい」と思い、焦らなくてもいい場面も、その「焦る」という癖が抜けません。

元々の思考なのか、「仕事」がそうさせるのか、「職場」の雰囲気がそうされるのか、全部なのか・・・

焦って早く終われば、また、次の焦る仕事があります。

ありますというより、自分がそうしているのです。

 

ひとつの会社とは言え、いろんな場所でいろんな仕事をしたので、一概には言えません。

ですが、「癖」、つまり習慣化された「思考の癖」はなかなか抜けません。

さらに、「先読み」・「先回り」という思考の癖もありました。

そのせいか、やりたくてやっていることも、気付いたら楽しくなくなっています。

「楽しくなければ意味がない!」って言い聞かせても楽しくないんです。

今思えば、その思いが実現しているだけなんですよね。(汗)

でも、「やめちゃいけない」・「やめるのはいけないこと」と思っていたので余計しんどいんです。

ただ、「立ち止まればいいのに」・「休めばいいのに」・・・

 

「焦る」のには、いくつか理由があります。

僕の場合は、「早く終わらせたい」・「ごちゃごちゃ言われたくない」という感情です。

「誰かに認めて欲しい」・「評価して欲しい」とは思っていませんでした。

得点が欲しいのではなく、失点したくないのです。

その時は気付かないのですが、それも結局は「人の評価を気にしている」ってことです。(苦笑)

そして、気にしていたのは「得点」ではなく、「失点」だったというだけです。

どれくらいできればどうなのかの基準がわからず、不安だったのだと思います。

上司の目より、周りの出来を気にしていたんでしょうね!?

そんな風に比較することや、不安を感じる思考の癖が、シッカリ根付いていて、なかなか抜けませんでした。

ですが、そのことを意識することで思考を変えることが出来ます。

それを続けることで、新しい習慣(思考)が根付き、潜在意識に落とし込まれます。

全て、検証済です。(笑)

100%とは言いませんが、そうじゃない時も、「そうじゃない」と気付くことが出来ます。

気付けば対処できます。変えられます。

それは、俯瞰で見れるようになったからです。

そして、いつもカッチカチに力んでいた自分が「ふ~~」ってゆるんできました。

 

何年か前の自分とは、相当違うと思います。

ゆるんで来ると、自分がホントはどうありたいのか・どんな状態が心地いい状態なのか、思い出します。

停止していた思考が動き始めます。

そして、好きじゃないことをやっていたことを再確認します。(笑)

だから、何ひとつ我慢したくなくなります。

嫌なことは嫌なんです。(笑)

そして笑っちゃうくらいバカバカしいアイディア!?も浮かんできます。

心地いい妄想もしています。(笑)

そんな時って、マインドは止まっています。

頭では考えていません。

ハートで感じています。

焦っている時って、変な緊張・不安・力み、そして楽しくない現実を連れてきます。

なぜなら、ほとんど思考停止状態だからです。

そして、自分の可能性を自分で放棄してしまいます。

「慌ててる」って思ったら

「トランキーロ・あっせんなよ」を思い出して下さい。(笑)

そして、誰にも何にもコントロールされない「制御不能」のあなたを楽しんでみて下さい。(笑)

 

今日、この記事を僕が書き、「今」あなたが読んでくれたことは、「デスティーノ=運命」です。(笑)

ちなみに、「デスティーノ=運命」は、N藤選手のフィニッシュホールド(決め技)です。(笑)

 

長くなりましたが、最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

 

出来ました。出来ました。出来ました。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

過去記事も、よかったらご覧下さい。

 

あれ?っと思ったら立ち止まってみましょう。


月並みですが、可能性は無限です。


「デスティーノ=運命」があるなら、それは自分が決めることであり、選択するものです。