読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:「鼻歌」が出る時・出る人って?

セルフイメージ 思考 ハート ゆとり

 

ご訪問いただきありがとうございます。

 

気付いたら、ちょいちょい鼻歌を歌っています。

そして、そんなことが最近多くなってきました。

もちろん、ち~っとも意識なんてしていません。(笑)

 

f:id:yurumu:20170120152954j:plain

 

今日の疑問:「鼻歌」が出る時・出る人って?

 

会社には長いこと在籍していて、転勤もありました。

転勤がなくても引っ越しもしていました。

環境を変えることも好きだし、同じであり続けることがつまらないと思っています。

ですが、2005年10月、東京に来て以降、全てにゆとりがなくなっていました。

会社以外でも、鼻歌がでることが明らかに少なくなっていました。

気付けば、周りでも鼻歌を歌う人はいませんでした。

ただでさえ、多くの時間を過ごす「会社」という空間で・・・

楽しいことがなかったわけではありません。

笑いがなかったわけでもありません。

でも、その頃の自分は、殺伐とした雰囲気、閉塞感を感じる環境で、時間に追われ、ピリピリしていました。

持ち合わせていたはずの「ゆとり」が全くないのです。

そして、イライラすることが、人生で最高に多くなっていました。

心も完全にささくれていました。

今までなら、出来たこと・気持ちの切替が上手くできなくなっていました。

そんな折、会社で「鼻歌」を歌う人を、東京に来て初めて見ました。それも隣の席で。

年上で、おっとりしていて穏やかな人でした。

同時に、どこかトンチンカンな人だと、その当時思っていました。

一緒に仕事をする中で、うっとおしい・のんき過ぎると思っていました。

心にゆとりのない僕は、その先輩の姿にいつもイライラしていました。

全体の状況も見ていないのか・気にしていないのかわかりませんが、(僕は人一倍気にしていました・汗)こっちがバタバタしている時でも、気ままに私的なネット閲覧をしていることもありました。

その姿が目に入り、「視界から外れてくれ~~~」って思うこともありました。

そんな僕が隣にいても、その先輩は時々、鼻歌を歌っていました。

その先輩がご機嫌さんでいればいるほど、僕は不機嫌さんでした。(苦笑)

 

その後、同じフロアにはいますが、担当が分かれ、離れました。

更に何年かたって、ロケーションも変わり、また、席が隣になりました。(笑)

その頃の僕は、イライラの日々を送っていた時と大きく変わっていました。

ちなみに先輩は何も変わっていません。(笑)

変わらず「鼻歌」を歌っている姿をみて、思わずにやけてしまいました。(笑)

そして、「それでいい。」ではなく、「それがいい」・「そのままでいい」って思いました。

周りもその先輩の「のんきさ」・「穏やかさ」を個性だと認識はしていたと思います。

だから、いじられること・責められることも多々ありました。(笑)

僕は、先輩本人と一部の人に、「〇〇さんは平和の象徴だ!」と言っていました。(笑)

「〇〇さんが、平和でいられないなら、それは、みんなにとっても楽しくない状況だ!」って(笑)

 

僕が変わった理由は、たったひとつです。

自分がゆるんで、ゆとりが生まれたからです。

なぜゆとりが生まれたのか?それは一言では伝えられません。

その一つは、セルフイメージが戻り、尊重しあうことの意味を理解し始めたことです。

そして、自分のど真ん中に自分自身を置いていることです。

つまり、それまではそうではなかったということです。

どちらがいいとか、悪いとかではありません。

自分がなりたい方に変わっただけです。

「鼻歌」は、「ゆとり」があるって意味であり、ご機嫌さんである証明です。

 

鼻歌の先輩は僕にとっての反面教師であり、ハートのバロメーターになってくれていました。

ホントにありがとうございます。

今も・次の今も、周りを気にせず、のんきでいて下さい。

そして、鼻歌・歌い続けて下さいね~。(笑)

そんな〇〇さんって、最高にステキですよ!!(笑)

 

 最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

 

出来ました。出来ました。出来ました。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

過去記事も、よかったらご覧下さい。

 

東京に来た頃、ゆとりがなく、空を見上げることが出来ませんでした。

 

急ぐこととは、ゆとりの反対側です。だから嫌いでした。


ゆるんだ先に「ゆとり」があり、その先に楽しい今が訪れます。