読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

氣まぐれフリートーク:空の上の現実

 

ご訪問いただきありがとうございます。

 

 

氣まぐれフリートーク:空の上の現実

 

今日、僕が住む藤沢は、日中風もおさまり、とっても気持ちが良い天気でした。

先月、飛行機に乗った時も、今日のような心地いい天気だったせいか、ふと思い出しました。

 

f:id:yurumu:20170110193628j:plain

 

機内に乗り込む際、出迎える客室乗務員の方々の「作り笑顔?」・「ビジネススマイル?」を見て、「わざわざそんな風にしなくていいのに~」って思いました。

同時に「この人達も、この仕事に憧れていたんだろうなあ」とも思いました。

「客室乗務員」っていったら、「なんとなく」でつける仕事でもないでしょうし、「夢」や「憧れ」をもって、更に「いい学校!?」そして、そこでの「研修」・「訓練」などをクリアし、必要な専門知識と技術!?を身に着けてきた人たちだと思います。

それなのに、なぜか楽しさを感じません。

やっぱ「作り笑顔」や「ビジネススマイル」はわかります。

だって楽しそうじゃないんだもん。

もしかしたら、「命を預かる仕事だから」という使命感?緊張?

 

「笑うことが仕事。」

「仕事だから笑っている。」

「その仕事はお金の為・生活の為。」

そんな風に思っているのかもしれません。

そんなことを思いながら、あれ?機長もおんなじ感じ~?

「それは勘弁してよ~」って、「こえ~よ~」って思いました。(汗)

機長も、客室乗務員の方々のように、パイロットになるのが、「夢」や「憧れ」であり、そのために必要な経験をされ、今に至っていると思います。

普段・電車に乗っていても、意識することがなかったことを、たまに乗る飛行機で考えていました。

 

現実がどうでも、長年積み上げてきたものって否定したくないのでしょう。

そして、手放したくないのでしょう。

「自分が費やしてきた時間と努力」

「協力してくれた人の存在」

「それに関わる全ての人・そして、出来事」

「それがなくなった時の不安」など・・・

 

あなたが今、やっている仕事は、やりたくてやっていますか?

やりたいという感情はないけど、お金の為・生活の為にやっていますか?

それとも、やりたくないけどやっていますか?

 

やりたくてやっている人以外の人が、仕事を辞めたら、働く人がいなくなると思いますか?

一時的には少なくなると思いますが、その状況は、長くは続かないと思います。

「仕事」という概念があっても無くても、「やりたいこと」=「仕事」になるような気がします。

人間って「一生何もするな!」と言われても、それはそれで、難しいことだと思います。

だから、それぞれのタイミングで何かを始めると思います。

 

イメージしてみて下さい。

あなたを含めた周りの人たちが、好きなことを仕事にしている状況を。

「そんなの無理!ありえね~よ」って思いますか?

もし、そう思うなら、それがあなたの現実だと思います。

僕は日々イメージしています。

全ての存在とはいいません。

ただ、自分の居るところ・そして、そこにいる人達の現実は、それぞれが好きなことをし、尊重しあい、楽しく・心地いい「今」を過ごしています。

あなたの現実はあなたが決めて下さい。

僕の現実は僕が決め、創ります。

出来ました。出来ました。出来ました。 (笑)

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

よかったら、下記の過去記事もご覧下さい。

 

この記事の過去記事に、人はどうして働くの【Vol.1~3】もあります。


「安定」とは、そこでしか生きていけないという、「リスク」だと思います。

 

時に立ち止まってみてはいかがでしょうか?


「ホントは・・・」って思うことはActionです!(笑)