読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:「うらやましい」って思うのはどんな時?

 

ご訪問いただきありがとうございます。

 

この言葉、昔から結構言われます。

うらやまれるものなんて、何も持ち合わせていません。(笑)

ただ、ちょっとだけ、自分に正直なんだと思います。

 

 

Q.「うらやましい」って思うのは、どんな時?

 

A.自分を生きていない時。

 

 

要因1:人との比較

まずは、人との比較があると思います。

やはり、生まれた時からの刷り込みですよね~。

ついつい誰かと比較しちゃう『癖』がついているんですよね。

だからわざわざ、自分を窮屈にしたり、追い込んだりしちゃうんですよね~。

僕も長い間そうでした。

「A君みたいに出来ない」・「だから人一倍努力しないと・・・」ってよく思っていましたし、言葉にしていました。

「出来ないことが良くないこと。」

更に、それを伝えることで、言い訳の先行投資していたと思います。

思います。というのは、その時点では気付かなかったってことです。

他にも、「セルフイメージが低下していること」・「可能性を小さくしていること」にも気付いていませんでした。

いや、気付いたところで、これといった対処法を見つけられませんでした。

なので、「仕方ない」と思い、気持ちを切り替えることだけに集中していました。

が、気持ちの切替が出来ても、根本的なことが解決しないままでした。

そして、その根本的なことが何なのかが、ちゃんとわかっていませんでした。

つまり、根本的問題に気付かないまま、先送りしている状況です。

だから何度もカタチを変えて同じようなことが起こります。

その根本的なことが「人との比較」です。

 

人と違うのは当たり前です。そして、その違いはただの個性です。(笑)


 

要因2:自分に対する偽り

やはり世間体なんでしょうか?

僕に対して「うらやましい」って言ってくる人は、このタイプです。

周りの目・周りの反応が気になってしまうのです。

人と違うことに対する不安なんだと思います。

だから、「よくそんな風に出来るな~」とか、「マジで~?」・「すげー」とか言われます。

そんな風に言う人から見たら、少数派であり、変人なんだと思います

ですが、「ホントは自分もそう言いたい!そうしたい!」って人もいると思います。

少数派・変人になりたいんです。

だったら、そう言えばいいんです!やればいいんです!

言葉で終わる人は、『自分に嘘をついている』or『そこまでの気はない』のどちらかです。

どちらであっても中途半端だと思います。

結局は、世間体を気にしているってことです。

 

「世間体」って自分を確認するための存在ですね。

 

 

根深い刷り込み

『人との比較』だったり、『世間体』を気にすることって

結局は、自分を見ていない・自分のハートの声を聞いていないってことです。

自分を尊重することなく蔑ろにしているってことです。

人に左右され、人に決められているのと同じです。

それ程根深く、『個人が尊重されない』という思考が刷り込まれているってことです。

 

自分の尊厳も忘れないで下さい。


 

 今日のおさらいです!

「うらやましい」は、

あなたの人生ではありません。

自分をど真ん中に置いて、生きましょう!!

 

f:id:yurumu:20170105153020j:plain

 

認める

「今まではこうだった」・「今はこうです」

どんな自分も受け入れ、事実を事実として認めちゃえばいいんです。

で、「次はこうする」・「自分はこうする」って決めればいいんです。

その時、わき見をしないことです。

誰かに振り回されないことです。

そうすれば、事故りません。(笑)

仮に事故っても、それは自分が望んだ「体験」という、かけがえのない自損事故です。(笑)

何が起きても楽しんじゃえばいいんです。

そのためには、まんま・自分を生きま笑!!

 

自分への嘘は、無しで生きましょう!(笑)

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

出来ました。出来ました。出来ました。