読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:「ハローワーク」ってどうしてあるの?

ご訪問いただきありがとうございます。

 

そもそも「ハローワーク」って何のためにあるのかな?

働いている方・そうでない方・学生さん、冷静に霊性に考えてみませんか?

 

 

Q.「ハローワーク」ってどうしてあるの?

 

A.働く人を増やし、税収を増やすため。

 

f:id:yurumu:20161213155010j:plain

 

 

「働くのは当たり前」という常識

自分が仕事をしている時はそんなことを考えることも、気にすることも全くありませんでした。

いざ行ってみると、いろんな疑問が湧きます。

そもそも働くことが当たり前で、働かないのはおかしい・非常識だという大前提が既に作られていることです。

「お金」がなくてどうするの?生活は?という一見柔らかな感じでの言葉で、脅しています。

人によっては家族総出で不安なエネルギーいっぱで、いらっしゃる人もいます。

とりあえず、失業保険をもらうための手続きの為、最低限の活動をしている方もいます。

必死に探しているのがヒシヒシ伝わってくる方もいます。

 

これとても重要なことだと思います!なので大きめ赤字にしてみました。


 

限られた情報提供

長年働いて得た、失業保険という権利さえ、指示された日程で、条件付きでもらうことに、違和感を感じます。それを守らなければ払われないのです。

脅しとまでは言わなくても、対等でないのは感じます。

ましてや、税金を収入にしている人たちに、そんな対応をされるのは理不尽です。

実際、ハローワークの職員は、ただの「飼育係」で、そこに出向く人は「ほぼ家畜」です。

確かに多くの仕事も存在しますが、募集する会社も「条件」を伝え、後は人任せってことです。

それも「常識」として根付いて、税金で成り立っている公共機関を都合よく利用しているだけです。

 

そして、あるものの中から選ぶのが当たり前。という常識も敷設されています。

「あなたはひとりじゃ何もできないから、たくさん準備したピラミッド組織の中から、選んで下さい。」と言っているに等しいと思います。

例えば自分で何かを始めるという発想・選択肢がない人が、多いと思います。

そして、それに疑問も感じず、考えることもなく、まさに思考停止のままです。

思考のコントロールってこんな風に何気ないところで、しれっとやられています。

「思考」も「行動」も監視・制限され、知らぬ間に、家畜扱いされています。

 

これも重要です! 「あれ?」って思ったら、一度立ち止まってみましょう!

 

 

支配したい側の目的

ズバリ、税金を出来るだけ多く搾取することであり、ストレスを与えることです。

そのために「働くのは当たり前」という常識を根付かせています。

「働かないのは悪いこと・働かない人はダメな人」というレッテルを貼りたいのです。

そのようにストレスを与え、働けば働いたで、今度はわかりづらくつくられた税制に乗っ取り、「納税は国民の義務です!」な~んて言葉を振りかざし、2重・3重に「税金」という名目でカツアゲされます。

さらに厄介なのは、そのことに疑問も感じない人たちが、「当たり前じゃん!」と言っていることです。

ハローワークだけ見ても、そこに存在する建物をはじめとする全ての設備、そこで仕事をする人の賃金なども、ぜ~んぶ・ぜ~んぶ「税金」で運営されています。

完全に思考に刷り込まれコントロールされている状態です。

まず、この辺のことを、冷静に・霊性に考えてみて下さい。

 

この言葉は屈辱の言葉!


 

今日のおさらいです!

ハローワーク」は一般大衆を支配・コントロールし、「税金」という名目で、お金を搾取するためのコミュニティです。

 

 

面接

最近、「面接」という経験もいいのかな~と思う時があります。

それは、求人を出している会社の、社員への対応がどうなっているのかな~?と思ったからです。

 

そして面接したら、面接官に聞いてみたいことが4つあります。

あなたが、お勤めの方なら、あなたにもお聞きしたいです!(笑)

 

①「御社が一番大切にされているのは何ですか?」

→社員であって欲しいです!

②「あなたは、なぜ、この会社を選んだのですか?」

③「あなたや、その他社員の方は、楽しく(心地よく)仕事をされていますか?」

④「個人」は尊重されていますか?

 

この回答で、その会社の大枠がわかると思います。

仕事以上に、大切なことです。

そして、面接は対等であり、お互いのオーディションです。

 

面接では、このような4つの質問が多いようです。


 

 最後までご覧いただき、ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

出来ました。出来ました。出来ました。