読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:「曖昧さ」ってなあに?

ご訪問いただきありがとうございます。

 

何かの誘いがあった時・何かの提案があった時、普段の「自分の思考の癖」が、言葉に出ると思います。

そして相手との関係性も見えると思います。

 

 

 Q.「曖昧さ」ってなあに?

 

A.「マインド優先」という思考の癖

 

 

f:id:yurumu:20161130170554j:plain

 

 

マインド優先の言葉

「何でもいい」

「どっちもいい」

「どっちでもいい」

「今決めなくてもいい」

「タイミングじゃない」

「嫌じゃないけど」

「悪くないけど」

「イメージできない」

 

「選択しない」ということ

「曖昧」ということは、複数の選択肢が存在するなかでどれも選択しないということです。

何よりも、頭で「損得勘定」しているのかもしれません。

相手のリアクションを気にしているのかもしれません。

もしかしたら、第三者の目を気にしているのかもしれません。

そのような生活や教育を長く受けてきた人が圧倒的に多く、そしてそのことに疑問も感じず過ごしてきたわけですから、ある意味仕方ないことかもしれません・・・

 

 先に述べた、マインド優先の言葉も含め、あなたは何をどう感じますか?

 

今の僕の感覚では、先送りの言い訳に感じます。

誘いや提案の返答だけではなく、相手の存在も「保留」されているように感じます。

つまり、発せられた言葉は、「誘い」や「提案」に対する言葉ではなく、相手に向けられた言葉です。

「条件付き」で関わっているということです。

「損はしたくない」から、繫ぎ止めているのかもしれません。

別にわがままとも、身勝手とも思いません。

ただ、気の毒に感じます。

 

条件付きの関係ないって要らない!


 

「曖昧さ」と「迷い」

「曖昧さ」は「迷い」とは全く違います。

「曖昧さ」には、ご機嫌さんで居れる可能性を全く感じません。

なぜなら、そこにあるのは、「慣れ合い」や「何とかごっこ」だからです。

「迷い」には、「新しい扉を開けたい」という可能性を感じます。

きっと、迷っている理由も伝えてくれると思います。

そこには「尊重」と「信頼関係」が存在するからです。

 

 

 今日のおさらいです!

「曖昧さ」は「マインド優先」という思考です。

それはエゴであり、「依存」です。

 

 

本音と素直さ

「マインド優先」という思考では、信頼関係は存在しません。

なぜなら、本音がないからです。素直な答えがないからです。

信頼関係があったなら、どんなことでも本音でちゃんと話し合えると思います。

そんな人と多くのことを共有出来たら、めちゃくちゃご機嫌さんです!(笑)

 

やっぱ、これ、とっても大切です!


 

「マインド優先」から「ハート優先」に変えてみませんか?

そして、今、曖昧にしていることがあるなら、早めにクリアにしてみませんか?

思考を変え、習慣が変われば、Actionも変わり、「今」が変わります。(検証済です。)

僕も日々、意識して過ごしています。

意識していく中で、ちょっとづつ根付いて、それが当たり前になり、いろんなことが変化し、それを感じることも楽しく、そして心地よく過ごせます。(検証済です。)

 

「思考が先・現実は後」このことを理解し、Actionすれば、見える景色も、感じるハートも変わります。(検証済です。)

 

全て思い通りです。


 

 最後までご覧いただき、ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

出来ました。出来ました。出来ました。