読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:「愛」ってなあに?

愛・感謝 尊重 ハート 親・子 我慢・ストレス セルフイメージ ゆとり 素直

ご訪問いただきありがとうございます。

 

この言葉に関する日本人の解釈って、男女間の恋愛にしかイメージが湧かない方もいらっしゃると思います。

そのせいか、言葉にすること自体照れくさかったり、ためらったりすること多いのではないでしょうか?

ですが不可欠かつ重要です。

これが足りないと、足りないなりの状況が待っています。

今日はそのことについて一緒に考えてみませんか?

 

 

Q.「愛」ってなあに?

 

A.「感謝」+「尊重」です。

 

 

f:id:yurumu:20161128221751j:plain

 

 

赤ちゃん

多くの人は生まれてきたとき、泣いて生まれてきたと思います。

それなのに、なぜか周りは笑顔だったのではないでしょうか?中には泣いて喜ぶ人もいます。

生まれてきた赤ちゃんに対し、「生まれてきてありがとう」という感謝の言葉をつぶやいたりします。

泣こうが漏らそうが、何の不満も感じず対処し、無条件でただただ愛おしく、微笑んでいるのではないでしょうか?これこそが、尊重の証だと思います。

つまり、多くの人は、誕生した時、感謝+尊重という、「愛」をもらって誕生してきたと思います。

そして、赤ちゃんも「笑顔」と「素直さ」という『カタチの違う愛』で答えていたと思います。

ですが、それとは逆の場合があることもまた、事実です。

 

 子供は持ち物でもなければ、言い訳の道具でもありません!


 

時間の経過

月日が経つにつれ、最初の思いが薄れていく日々を過ごす人もまた多いように感じます。

親だけではなく、いろんな大人たちが出現し、いろんな情報を取り込んで、まさに親をはじめとした大人達の「愛」が薄れ、親は世間体を気にし、子供のコントロールを始め、子供は親の顔色を見るようになり、「愛」とは相反するように、親は「エゴ」・子供は「我慢」という構図になっているのを当たり前のように目にします。

対外的には「幸せな家族・親子」を演じていますが、会話も少しづつ減りドライな空気が舞い込み、気付いた頃には、その空間に居心地の良さは感じず、本音で交わされる会話もいつしか無くなっているように感じませんか?

どんなに物質的なものや、対外的な見た目がクリアできたとしても、そこには愛のエネルギーは感じられません。

 

「我慢」も「エゴ」なんです( ゚Д゚)


 

「愛」の欠乏症

ハートが疲弊すると、すぐに「鬱だ」とか「メンタルが・・・」とか「ハートが弱い」とか、何かしらの病名をつけたりしますが、本来、そのような病気は存在しません。

一般的なカウンセリングや心理学でもよく言われますが、その不調の原因を紐解くと、ほとんどが子供の頃にさかのぼります。つまり、今起きている根本原因は、子供の頃のトラウマだったり、子供の時に根付いた思考の癖が原因です。

それは、そのような不調が表に出る人だけではありません。

子供時代に親をはじめとした周囲の愛情をあまり受けてこなかったことによって大きな大きな影響が出ます。

具体的には、愛のエネルギーを受けていない人は、人の愛し方がわかりません。

愛するという意味が言葉や理屈で理解できても、実際の経験がないため感覚的(エネルギー的)に理解できないのです。更に厄介なのは、そのことに触れると、自分は「愛」を知っていると言います。つまり、理解できていると認識しています。

ですが、子供の頃、親からの愛情は感じたかと聞くと、少し落ち着きを取り戻し、「最初はあったと思うけど・・・」という答えを何人かから聞いたことがあります。

別に親に固執することはありませんが、やはり一緒にいる人間からの愛が必要なのです。

いろんな意味でゆとりのない大人は、自分のハートが満たされていないため、あったはずの「愛」はどこかにいってしまい。「エゴ」にすり替わっています。

「エゴ」とは、求めること・奪うこと・コントロールすることです。

親の愛のエネルギーが枯渇しているから誰かに求めるのです。

その対象が、子供など、自分にとっての弱い?相手なのです。家庭内ピラミッドなのです。

そして幼少期からの長い時間を積み重ね、「今」という現実を創っているのです。

生まれたばかり頃の関係は、時間の経過とともに、音もたてず、いつしか崩壊しているのです。

 

 自己愛

親に愛されなかったから、愛し方を知らない。だから仕方ない。

そんな風にあきらめる必要はありません。

まず、自分を愛して下さい。自分自身を愛で満たして下さい。

そのために、自分の好きなことをして、ご機嫌さんで過ごして下さい。

あなたが愛で満たされて、初めて誰かに愛を注ぐことが出来ます。

あなたの愛が満たされないと、誰かを愛することもできないでしょう!?

愛した気になってもそれは愛ではありません。

なぜなら、あなたのハートが満たされていないからです。

満たされていないハートから、「愛」が溢れ出ることは、あり得ません。

どんなにもがいても、無いものはないのです。

の気になっても、それはただの勘違いです。

自分を愛せない人は、周囲にも愛されないと思います。

もし愛されたとしても、そんな自分を愛しているという相手の想いを受け取ることすら出来ませんから、気付いた頃には、相手は離れているでしょう。

そしてその相手とは違う、別の人と引き合うでしょう。

その時のあなたに相応しい人と会います。

まずは、I Love me♡ で生きましょう!(笑)

そうすれば、あなたと引き合う愛も、シッカリ感じられると思います。

 

あなたは「花」ですか?それとも「ウ〇コ」ですか?


まずは、あなた自身を満たして下さい。 


 

今日のおさらいです!

「愛」とは、感謝+尊重です。

僕ら人間に必要な全てだと思います。

そして、何も求めません。

全て、プライスレスです。(笑)

 

 

これなら、「今」始められます!!


 

 今日も長くなりましたが、最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

出来ました。出来ました。出来ました。