読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:「タイミングが合えば」ってどういう意味?

ご訪問いただきありがとうございます。

 

「タイミング」という言葉自体、いろんな人がいろんな場面で使います。

今回は、使い方や状況設定を絞って考えてみました。

自分の中だけのこととは全く違います。

お互い氣をつけましょう。

 

 

Q.「タイミングが合えば」ってどういう意味?

 

A.お断りの言葉です。

 

 

f:id:yurumu:20161122040808j:plain

 

 

ある先輩と後輩の会話+ゆるむ@の解釈

先輩:「来週の土曜日空けておけ。」

休日に命令?

後輩:「来週の土曜ですか?ちょっと待ってください。」(スケジュール確認)

・・・

先輩:「・・・」

・・・

後輩:「タイミングが合えばでいいですが?」(今は空いてる)

空いているのに「タイミングが合えば」っていうのは単に拒絶=答えはNo!ってこと。

先輩:「は?どうせお前暇だろ!?」

拒否られているのを感じつつ、なぜか高圧的で余計な一言。(汗)

後輩:「なんか予定が入るかもしれないんで、また連絡します。」

予定が入るかも?すげー切り返し(苦笑)。拒否しつつ、最終回答のみ保留。態度が曖昧。

先輩:「おう。」

なにか言いたげだけど断られるのが嫌そう。(笑)

 

ある先輩と後輩の会話のまとめ+α

まず、ゆるむ@が上記先輩・後輩の場合

◆先輩だったら

Yes/Noの確認。Noの場合はたまたまなのか、そもそも自分という存在がNoなのかを、相手のエネルギーで見極めます。場合によって、直接聞きます。そして、全て尊重し受け入れます。

◆後輩だったら

先輩の言う内容に「優先したい」と感じたなら、「タイミングが合えば」なんて回答ではなく、もともとの予定の調整を試みます。また、たまたま都合が悪いなら代案を出します。完全にNoなら、「代案ありません。」と伝えます。

 

今回は、たまたま休日設定の先輩・後輩の話ですが、女性同士でも、男女間でも、いろんな組み合わせ・いろんなシチュエーションで使われる言葉だと思います。

男女間だと、間髪入れずバッサリって時もあると思いますが(その方が気持ちいいと思います。笑)、お互い曖昧なまま全て放置するってすごいです。まるで、触れちゃいけないみたいです。(汗)

そもそもですが、一緒に何かをしたいと思うのなら、「タイミングが合えば」という、「条件提示」がされるのでしょうか?

たまたまタイミングが合わないだけなら、何かしらの代案が出ると思います。

いずれ、本音も語られることなく、「タイミングが・・・」という時点で、2人の関係性が見えます。

良し悪しではなく、最後は、氣が合うか合わないかだけです。

一緒に過ごしたいかどうかだけです。

結局、その時の、2人の関係性です。

 

本音だけでいいんですよ。


タイトルどおりです。


 

今日のおさらいです!

「タイミングが合えば」とは、お断りの言葉です。

そして、その言葉で、両者の関係性がわかります。

 

 

タイミングや状況ではなく、一緒に過ごしたい相手かどうかだけです。

そして、それは「数」ではなく、「関係性の質」が大切です!

だから、心地いいと思える人と過ごすのが、いいで笑!

 

 

上手く言えませんが、この記事+添付の過去記事もよかったらご覧下さい。


 最後までご覧いただき、ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

感謝します。感謝します。感謝します。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく楽しく過ごします。

出来ました。出来ました。出来ました。