読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:「ワクチン」の中身ってなあに?

ご訪問いただきありがとうございます。

 

前回は、「母子手帳」についてお伝えしました。

これに関しては来週あたりと思いましたが、繰り上げ、僕が知った事実をお伝えしたいと思います。

これからの季節、医療関係者の間で、「書き入れ時」なんていう人もいるそうです。

 

 

Q.「ワクチン」の中身ってなあに?

 

A.人体にリスクが伴うものばかりです。

 

 

f:id:yurumu:20161017122732j:plain

 

 

そもそもワクチン(予防接種)の効果ってあるの

実際体験したのですが、インフルエンザの予防接種を受けても、インフルエンザにかかったってことがあります。医者は「打っていたから今の状態で済んでいるんだよ」なんて言われましたが、その時の熱は42℃を超えていました。

同じ人間で打った場合と打たない場合の2通りで検証することは無理なので、検証のしようがありません。いかに無責任な発言なのかがわかります。

「二度とここには来ない」と思ったし、どうせ嘘だって思うようになりました。

それ以降、インフルエンザの予防接種は受けたことはありません。

確かにその後2回ほどもかかりましたが、自分の中では不可抗力ってくらいの感じです。

 

世界中の予防接種のデータを探しても根拠となるものは存在しないようです。

中には子供や高齢者の死亡確率が下がったなんてものもあるようですが、毎度のデータ捏造です。

ただのプロパガンダです。(汗)どっかの政党の黒塗りだらけののり弁のような文書と同じです。

そして回復の本当の理由は、近年の「公衆衛生」と「栄養状態」、この二つの向上と言われています。

 

ワクチン(予防接種)は病気の原因

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、子宮頸がんワクチンの弊害は「弊害」などという言葉では済まされません。国が起こした「人災」です!もっと言えば「犯罪」であり、「テロ」です!!

数も一桁・二桁ではありません。接種後、痙攣や脱力状態、歩行不能などで、症状が重い人になると、自分の身内の顔すらわからなくなり、暴れないように押さえつけられています。その映像を見たときは、あまりに衝撃的でした。

なのに、政府・厚生労働省文科省・製薬会社・日教組、どこの誰もちゃんと認めません!

そもそも、抗がん剤・精神薬のことが、世間に知れてきたことから、政府・官僚も一緒にになり、ワクチンでご馳走にありつこうと、ロビー活動を積極的にやっているのです。

何よりワクチンとはすぐに死なないように、巧妙に作られています。

 

ちなみに日教組GHQがつくった組織です。

だから日本人を劣化させるために、教育システムが『競育』や『恐育』になっているのです。

疑問を感じたり・考えることをしない、従順な「思考停止の人間をつくること」を目的の柱にしているのです。

 

テレビや新聞などのマスコミは何をやっているのでしょうか?

スキャンダルなんてどうだっていいんじゃないでしょうか?

マスコミのみなさん!これ、地上波で報道して下さい!全国紙に1面で載せて下さい!

 

こんな教育必要ありません。 


 

ワクチンに使われている物質

水銀(WHOで決めた基準量の何十倍)

アルミニウム(子宮頸がんワクチン=蛾の幼虫)

ホルムアルデヒド:ホルマリン(発がん性:ランク1)

ポリソルベート(不妊)

グルタミン酸ナトリウム(〇の素)

ポリミキシン(抗生物質)

動物性遺伝子・タンパク質

ポリオ(エイズワクチン混入)

 

※水銀とアルミニウムが一緒に使われることはないそうですが、このどちらかをベースにしたレシピがあるようです。

 

以上が、主にワクチンで使われているものです。

人体には全く必要ないものばかりです。

それどころか、〇人行為です!

なのに、311のボランティアに参加した時、ワクチンが義務化されていました。

その時は、「なんで?」と思いながら仕方ないと思って受けました。

そうです。「仕方ない」って思わせるようにコントロールするのです。

 

〇の素 繋がりです。


 

おまけ

以前騒ぎになったエボラ熱は、アメリカ政府が特許を持っています。

この意味がわかりますか?アメリカ政府が、プロパガンダをぶちかましています!

また、元MS社のビル・〇イツ氏はワクチン普及のための財団を創っています。

ビル・〇イツ氏の財団の陰謀論が都市伝説として囁かれていますが、都市伝説ではありません。

地上波情報も、こんな感じでミスリードし、真実の根っこは見えないようにし、不安を煽っています。

 

 ワクチン(予防接種)は義務じゃない!!

1994年に法律が改正され、ワクチン接種は既に義務ではなくなっており、法律的にも、親御さんが選べます!

 

キッカケは1979年、群馬県前橋市の小学校でインフルエンザの予防接種後、痙攣が止まらなくなったことがあり、当時の市長が厚生省(現・厚生労働省)に届け出をしましたが「その子はもともと、てんかんもちだ。」と却下されました。

そして、前橋市と、隣の安中市は予防接種をやめましたが、隣接する5つの市は、ただやめるのは無責任だといい5年間調査したものが「前橋レポート」です。

そして「予防効果なし!!」という結論が出たことが、義務化解除の大きな理由です。

 

現に、生後1度もワクチンを受けていない子もいらっしゃいます。

 

下記リンクを開いた1番下の右側にPDFファイルがあります。

 

 

今日のおさらいです!

ワクチンは、人間には全く必要ありません。

必要ないどころか、「〇人行為」です!!

だから、正々堂々と断って下さい!!

何より大切なのは、自前の免疫力であり、自然治癒力です。そして、そのための心身の充足です!!

 

 

免疫力に連動します。

 

前回の記事でもお伝えしましたが、世の中は、僕ら一般大衆を欺くようなプロパガンダに溢れています。

そして目的は利権です。「人命」<「お金」です。

僕らが知っている常識を無邪気に信じ込まないで下さい。

これからも出てくるかもしれません。でも冷静でいて下さい。

 

前回は言いませんでしたが、今日は言います!

今、あなたが「忙しいんだよ~」と言いながらやっていることより、あなたにとって、大切なことかもしれません。

まずは、あなた自身が確認してみて下さい。

そして、知った事実を、あなたにとって大切な人に伝えて下さい。

 

過去最長となりましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたこと、まんまAction!!

そしてあなたは、「今」も・「次の今」も、心地よく・楽しく過ごしています。(笑)