読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:1日3食って誰が決めたの?(Vol.1:「今」)

ご訪問いただきありがとうございます。

 

以前、1日1食について記事を書きましたが、そもそも、回数も時間も量も、ましてや何を食べるかとかも、誰かにいちいち決めてもらうものなんでしょうか?

いや、決められちゃっていいのでしょうか?

 

Q.1日3食って誰が決めたの?(Vol.1:「今」)

 

A.表向きは国(厚生労働省)です。

 

 

人間も動物です

多くの人は人間が他の動物と違って特別だと思っているのではないでしょうか?

決してそんなことはありません。

そして、それは人間だけを指しているのではありません。

全ての存在が唯一無二の存在です。

人間も、他の動物と同じく、好きな時に・好きなものを・好きなだけ食べればいいと思います。

誰かと一緒がいいなら、その人と一緒に食べればいいと思います。

食べたくないものは、食べなくていいし、強要したり・されたりする必要もありません。

 

タイトルのまんまです。

 

こんなことまで、「当たり前」みたいに刷り込まれています。


 

刷り込み

「朝・昼・夜と規則正しく食べて下さい。」なんて医療関係者・栄養士はじめ、食に関わる人達、そして身近な人まで言われたりすることもあったりします。

健康診断などでは、検査結果などといって、数値で脅しをかけ、病人扱いし、恐怖心を煽っています。いろんな基準を勝手に設定し、そこからはみ出た人を、まるで裁くかの勢いです。

結果を知らせることは必要だと思いますが、細かいことまで干渉するのは行き過ぎていると思います。

そもそも数字は目安です。

人の数だけ、その数値にも個性があって当然です。

体調がどうかは、本人が、ちゃんと自分の体に問いかければ、概ねわかると思います。

 

1番の目的は、医療機関・企業(特に製薬会社)・官僚・一部の政治家の利益や利権であって、人の命でも健康でもありません。やってることは、人災であり、犯罪です。

 

 

美食・グルメ・大食い

実際、日々何を口にしているかを、意識している人ってどれくらいいるのでしょうか?

昨日の夜、近所のスーパーに行って、大豆系・お菓子全般・調味料・パン類などに入っている原材料をチェックしてみました。呆れるくらい加工品の山です。

こまごま気にしていたらキリがないので、注目したのは1点だけです!アミノ酸等」という記載の有無だけです。

細かい字で書かれたものを相当数みましたが、入っていなかったのは、玄米などでつくられた一部のパンですが、それでさえ、別な添加物が入っています。

見落としがちなのは、納豆やらなんやらについている、「たれ」・「からし」です。

つまり市販のたれ・ドレッシング類の多くも化学調味料まみれということです。

何を食べるにしても避けきれません。(汗)

 

今や日本人の国民食と言われるラーメンにも、うま味調味料として大量に使われています。

中毒性も強く、なかなか抜けきれないでいる、ひとりです。

ひどい時はアミノ酸がどういうものか知っていながら、数か月の間に100店舗以上のラーメン店を渡り歩いていた時期もありました。(汗)

外食になればなおさら、どんな有名店だろうと、避けきるのは無理でしょう!というより、アミノ酸推進派でしょう!?(自然食品の店でさえ、調味料は微妙だと思います。)

 

アミノ酸等」の正体

それを知ったのは20代の頃です。そしてその事実が世間に広く広まったかというと、そうは感じません。なんとなくは知っているけど気にしていないってことでしょうか?まあ、知った後の対応が2極化している感じはしますけど。

アミノ酸等の正体は、〇の素です。つまり、グルタミン酸ナトリウムです。

昭和30年代、危険だという噂が広まったそうですが、当時、WHO(世界保健機構)では、グルタミン酸ナトリウムの摂取量の規定があったり、乳幼児には与えてはいけないと言われていたそうですが、の素にとっては死活問題の為、あらゆる手を尽くしWHOの報告書から、それらの事実を消したそうです。(これが会社の資質であり、姿勢です!)

それを摂取することにより脳下垂体の成長や性成熟に関係する重要な脳の器官がやられ、肝臓や卵巣・子宮や副腎など、気付きにくい臓器に悪影響を及ぼします。

グルタミン酸ナトリウムの、ナトリウムとは金属化合物のことです。

つまり、「神経毒」です。

そして、〇の素にそれらを作らせているのはアメリカ企業(名前忘れました)で、その大株主はロスチャ〇ルドです。ちなみにその会社は人工甘味料(同じく神経毒)を作っていています。ちなみにWHOはロッ〇フェラー財団の出資により創設された組織です。

 

国産大豆をアピールしつつ、しれっと「たれ」と「からし」に紛れ込ませています。

こういったものを食べ続けることによって、医療関係者にとってはビジネスチャンス到来?です。(汗)

f:id:yurumu:20160915021908j:plain

 

 

関連記事:これが農作物の現実の一部です。


 

ここまでのおさらいです!

アミノ酸等」=「〇の素」=「グルタミン酸ナトリウム」=「神経毒」

そしてこれらは、数え切れないほど多くの食品・清涼飲料等に使われています。

 

今日は、本来の趣旨からかけ離れましたが、僕のハイヤーセルフに乗っかって、氷山の一角ではありますが、お伝えしてみました。

〇の素だけの問題ではありません。それ以外にも多くの大企業が同じようなことをし、医療機関・製薬会社・政治家・官僚も含め、手をつないでいます。

そしてそれらを演出しているのは、国や宗教・その他あらゆるものを指揮する支配者層です。

 

体に不要で、抜き取れないようなものを、わざわざ紛れ込ませる行為自体、犯罪だと思います。「食べることをやめるしかない」というくらい、いろんな飲食品に混入されています。

「マスコミさん仕事ですよ~」

「今の状態が改善されるように、事実をシッカリ報道して下さいね~」

 

 いずれにしても、これが今の現実です。

 

 

ピラミッドのトップの姿は全く見えません。


 

長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

明日は、もうひとつの「今」も含めてお伝えしようと思っています。よかったら、ご覧ください。

 

 

まず、あなたが今、見ているチャンネルを、お手元のリモコンで、「ご機嫌チャンネル」に変えて下さい。

 そして、リラックス出来たら『今』感じたこと、まんまAction!!

あなたの今が、今より心地よく楽しく過ごせますように。

そして次の今も、心地よく楽しく過ごせますように。