読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:後悔ってなあに?

我慢・ストレス ハート 宇宙・地球(テラ) エゴ 不要

ふと浮かんだのですが、以前は、時々そんなことを考えていました

 

Q.後悔ってなあに?

 

A.しようがないこと。

 

 

状況と原因

あ~すればよかった。こうすればよかった。という言葉。

言ってるのは愚痴ですが、状況としては、後悔と言われると思います。

では、その原因は?って考えると、やらなかったことになります。

それでは、なぜ、やらなかったかっていうと、やりたくないからやらないのです。

そこまでの思いがないから、やらなかっただけなのです。ただそれだけです。

全部、自分が決めています。

だから、後悔ってしようがないんです。

 

f:id:yurumu:20160807054852j:plain

 

後悔ではない理由

何かをしなかったために、何かが得られなかった。何かを実現できなかった。

そして、誰かに認められなかった・評価されなかった。

一言で言ったら、それって「ただのエゴ」または「ただのわがまま」「ただの」と言ったのは、本当にそれしかないからです。

そりゃそうでしょ!行動しないという事実しかありませんから。(汗)

 

「後悔」は存在しない

会社を辞めると決めた頃には、自分の中で、すでに「後悔」という言葉・思考は存在していませんでした。それは「会社」という特定の場所に限ったことではなく、全てに対して、思考そのものが変わっていたということです。

在職中、仕事のことだけではありませんが、「いつ死んでも後悔しないようにしよ~」って「とにかくやりきろ~」って、時々思っていました。

仕事場で理不尽を感じている時は、「このままじゃ終われない」「何かに支配されたままは嫌!!」って感じに変わっていました。(笑)

なぜ、そうだったか?と言えば、楽しくないんです!その空間が自分に相応しくないんです!

昔は、「自分がここにいさせてもらっている」と思っていました。

それが「自分の居場所は自分で決める!」と変わったのです。

そう思うくらい、何かが嫌だったんでしょう。

我慢ばかりしていましたが、根拠のない何か?自信!?みたいなものがあるのです。

自分でも言葉で説明できませんが、ひとつ言えることは、自分のハート・自分の思いには自信があります。もちろん信頼しています。

今、こんな風に言っていますが、自分の意志で決めて、長い間続けていただけなんですけどね。(笑)

 

f:id:yurumu:20160805001533j:plain

 

 

書き終わってから気付いたのですが、今日の記事は、6月4日の記事と、全く違う視点で書いています。

yurumu.hatenadiary.jp

 

 

今日のおさらいです!

あなたのことは、全て、あなたが決めているので、後悔のしようがありません。

 

f:id:yurumu:20160807060436j:plain

 

 

 我慢をやめたら、自信に気付いたのか、自信が湧いてきたから、我慢をやめたのかはわかりません。

ただ、「我慢」が大きな原因だったのはわかります。

我慢がストレスを生み、ストレスが我慢を生むというサイクルです。

つまり、我慢の相棒はストレスです。

 

あなたは我慢していませんか?我慢を手放すだけで、何かが変わりますよ。

yurumu.hatenadiary.jp

 

前は「いつ死んでも後悔しないようにしよ~」って「とにかくやりきろ~」って考えていました。

でも今は、それも必要ありません。

あなたがもし、どうしても後悔したことがあると言うならば、それは、あなたが後悔をしたのではなく、テラという遊び場で、後悔を感じる体験をしたかっただけのことです。

後悔って「死」を意識するから出てきちゃう言葉のような気がします。

そもそも「死」って怖いことだと刷り込まれていますけど、魂は永遠で、体は乗り物・または洋服って思って下さい。そしてテラは遊び場です。

「死」とは脱皮のようなもので、グループソウル(魂のかたまり)の元に戻るだけです。表現を変えると、あなたも僕も存在を消すことができません。(笑)

前も言いましたが、これって、宗教でもスピリチュアルでもありませんから。(笑)

 

yurumu.hatenadiary.jp

 

とにかく大切なのは、このテラという遊び場で、あなたも僕も、自分が自分でいること!そして楽しむこと!(笑)

 

 

 

ゆるんだあなたが『今』感じたことを、まんまAction!!

あなたの今が、今より心地よく楽しく過ごせますように。

そして次の今も、心地よく楽しく過ごせますように。