読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:社交辞令ってなあに?

会社 エゴ 思考 不要

日常のあらゆる場面で起こりえる?聞かれる?もので、個人的には使ったこともなければ、使う必要もないと思います。

仕事上欠かせないないと言われますが、僕には必要ありませんでした。

 

 

Q.社交辞令ってなあに?

 

A.あなたにとってどうでもいい人に使う言葉。

 

社交辞令で使われる言葉

「今度、飲みに行きましょう」

「また今度お話しできたらいいですね」

「また連絡します」・「また連絡ください」

「今度、お茶でも」

 

社交辞令が使われるな場面

学校・仕事上(社内・お客様)・コミュニティ・サークルなどの組織・団体

近所づきあい

合コンなど

 

社交辞令を使う理由

理由なんてものもなく、「当たり前」と思っている。

コミュニケーションツールとして使っている:オーディション

仕事を上手く進めたいがゆえ:相手より、仕事優先

気を引きたい:様子伺い

 

f:id:yurumu:20160704162927j:plain

 

関連の過去記事です。 



 

社交辞令を使った結果

仕事が上手くいく相手や自分の言った言葉より、仕事優先

誤った期待をさせる社交辞令と気付かず勘違いしてしまう

不信感を抱かせるどうせ実現されないのなら、最初から言わないでほしいと思われる

 

そもそもですが

社交辞令って、ビジネスの場・組織内・日常生活で「欠かせないツール」と思っている人が多いと感じます

「テクニック」とか「生きるすべ」と思っている人もいるでしょう。

話題がないから使う人もいるでしょう。

人と人が関わる限り、どんな人でもどんな場面でも、全てを本音で話すというのは難しいことで、「社交辞令」を使うことは、相手に特別な感情はないけど、その場、「上手くやっていきたい」というのが最初にあると思います。

それでもその奥には、「好印象を残したい」「人から嫌われたくない」っていう損得勘定とエゴに溢れたただの『嘘』が潜んでいます。

最終着地点は『嘘』なのです!!

気の利いたずる賢いツールだと思います。

そして、それがなければ生きていけない人と、ない方が快適な人とに分かれるような気がします。

それこそ、相手により使い分けするなんて最高にずる賢い人?もいると思います。

 

 

今日のおさらいです!

社交辞令って、あなたにとってどうでもいい人に使う言葉。

 

思ってもないことを言うのは『嘘』になるし、嘘までついて関わる相手ならあなたにとって・僕にとって必要ない人だと思います。

「相手を思うからの嘘?」というのであれば、それはあなたのエゴです!

社交辞令なのか本音なのかわからない時は、ちゃんと確認しましょう。

わからない時は、その時あなたが感じた相手の「氣」で判断して下さい。

 

関連の過去記事です。

 

そもそもですがのところで、「それがなければ生きていけない人」・「ない方が快適な人」・「相手により使い分けするなんて最高にずる賢い人」と言いましたがどれが良い・悪いということではありません。それぞれすみ分ければいいだけです。

僕なら、「社交辞令」というものが「ない方が快適な人」に該当するので、そういった方を大切に思い(想い)関わっています。それ以外の方は、思考が違うので、それを受け止め尊重し、離れています。

なので対立はしません。する気もありません。

 

f:id:yurumu:20160704164509j:plain

 

結局は似たタイプが集まってくるのです。そもそも波動(思考エネルギー)が似ているのですから(笑)

そこが変わったなら、離れていくだけですから。

僕は本音で話せる人が大好きです。そして大切です。

なので、まず、相手がどうでも、自分は、本音でお話しします。

そもそもそう感じた人じゃないと、積極的に話さないと思います。(笑)

自分が本音で話して相手に違うと思われたなら、それでいいと思います。

離れればいいだけですから。相手も自然と離れます。

ハートで話せる人達と、いいことばかりでなく、どんなことも本音で語り合えたら・最高最善の愛で過ごせたら、まさに最高です!!(笑)

 

ゆるんだあなたが『今』感じたことを、まんまAction!!

あなたの今が、今より心地よく楽しく過ごせますように。

そして次の今も、心地よく楽しく過ごせますように。