読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ@ ゆるんで・今を楽しく・次の今も楽しく(#^^#)

ゆるんだ思考で、日常の疑問を、一緒に考えてみませんか?

今日の疑問:どうして休みまで決められているの?

どうして休みまで決められているの?

 

24時間365日支配されているということです!

 

幼稚園・学校・会社。いずれの組織も多くの場合、拘束時間が決まっています。

例えば、会社勤めなら「は~い、月~金曜日は9時~18時まで仕事で、状況によっては残業ですよ~!土日は休みですよ~!でも場合によっては休日出勤ありますよ~」って!「そのために何時に起きる」とか、「何時までに移動する!」「明日××だから○○できない」などなど、時間も知らぬ間に全てコントロールされています。

組織が主導権を握り、それが当たり前だという現実をつくられています。

あなたが意識していなくても全て組織に決められているってことです。

非常に残念ですが、この事実を認めることから始めましょう。

f:id:yurumu:20160507222818j:plain

 

今日はUターンラッシュという民族大移動!?(汗)

まさに、支配されていることの弊害です!!

交通機関も大変だと思いますが、いろんな事情で車を利用される方も多いと思います。

時間をシフトして移動しようとしても、同じことを考える人も多いのも現実ですね!?

渋滞時に加えトイレやガソリンの心配までしながら、ストレスも同乗して準備完了(汗)

 

「子供の休みや、自分の休みがなかなか合わないんだから『仕方ないだろう!!』」って

半ギレ?ブチ切れ?の声も聞こえてきそうですが、あーあって感じです(汗)

それまでして出かける理由!?って何でしょうね?(汗)

どうせ行くなら、覚悟を決めて楽しんで欲しいですね。

 

ちなみにヨーロッパ諸国やオーストラリアでは、国民の祝日は10日程度ですが、有給休暇が日本の2,3倍あって、個人のタイミングで取れるので、休みだからと言う理由での交通渋滞は起きにくいそうです。

更に「遊び」という理由で休暇を取ること。

そして「完全消化」することも、当たり前!!だそうです。

 

思えば、何年も前からこんな風に妄想していました。

週休2日なら、年間52週で104日・国民の祝日が15日・有給休暇が20日だとしたら、合計が139日になります。

そう、間139日という日数をそのまま好きな日に休みを選べる仕組みだったらいいのに!って(笑)

そうすれば、好きな仕事なら益々張り切って出来ます。

そうでもない仕事だとしても、少しは気持ちよく出来たりもするんじゃないですかね?どうですか?

 

例えば、月間出勤予定を2か月前に出すとか、ある程度の基準を設ければ、微調整があったにしても、

学校であれ、会社であれ、それなりに回せるのではないでしょうか?

組織の規模によって違うかも知れません。すぐに実現しないかも知れませんが、何か工夫したら、家族旅行含め、好きな時に好きな人と好きなことが出来るのではないでしょうか?それって楽しいと思いませんか?

 

f:id:yurumu:20160507021444j:plain

 

日本は、社会人だけでなく、学生にまで、仕事が全ての中心と思わせているように感じます。

そんな「洗脳」というワクチンを打たれたあと、企業に送り込まれてくるイメージです(汗)

 現に組織の上層部も、今の状況をいいことのように思っているのも確かだと思います。

 

 それでも確かな事実があります!!

組織は個人が集まってできているのです!

組織があって個人が存在するのではありません!

個人がいて、組織があるのです!個人が先、組織はあとに出来るのです!

 ピラミッド型の組織は、底辺の人が支えているのです。

底辺の人がいなくなれば、上にいる人は何もできません。

だから、一生懸命不安を煽るのです!それが真実です!!

 

それに乗っかる必要はありません。

納得いかないのなら「NO」と言えばいいのではないでしょうか?

全てはあなた次第です!

f:id:yurumu:20160507224204j:plain

 

今日の疑問について、もう一度確認してみて下さい!!

『休みも決められている=24時間365日支配されているということ!』

 

あなたも自分のハートをゆるめて『ゆるみすと』、『のんきー』になってみて下さい!

今の現実があなたにとってどうなのか、目を閉じて、あなたのハートと向き合って聞いてみて下さい。

大切なのは、あなたが、ごきげんさんでいることです!!

 

ゆるんだあなたが『今』感じたことを、まんまAction!!

あなたの今が、今より心地よく楽しく過ごせますように。

そして次の今も、心地よく楽しく過ごせますように。